インクのシミは触らないで何もしない方が専用のシミ抜き剤を使用すると取れやすいです

インクには種類がありその種類によっても落ちにくさは変わりますので何もせずに染み抜きの出来るお店にお持ちくださいませ

はい、インクの種類には大まかに分けましても油性・水性・ゲルインクと3種類あり、その種類によっては使う薬品や落とす方法も変わり落ちにくさも全く違います。

油性の場合には一般的なイメージは一番落ちにくそうですが、実は一番落としやすい部類のインクの種類になるんですね。

油性インクは油性のシミ抜き剤で落とせますが水性インクはお洋服に付いてしまいますと簡単には落とせません。

インクの製造段階では油性は水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性であり、水性は製造の段階で油も使用してますが水を使っても薄めて作られるので水性なのです。

なので水にも耐性がありますので油性処理の他にも、染み抜きの工程をいくつか行わなければならない為に油性よりも落ちにくいのです。

おはおはようございますオノウエです。

そして!
落ちにくいインクのナンバーワンはゲルインクです。

ゲルインクは油性と水性の両方の性能を併せ持ち、尚且つ顔料と言う油にも水にも溶けない固形の物質が入っているので取れにくいんですね~。

 

水性インクは水を使って落とせば落ちると思われがちですが水性と言うのは水を使えば取れるという意味ではありません

非常に勘違いされやすいですがインクの種類で言う水性は液体の状態であれば水で薄める事が出来るので水性というんですね。

なので乾いて固まってしまいますと水を使っても動かなくなります。

そして厄介なのが水性の方がお洋服に付いてしまった場合には圧倒的に落ちにくいんですね。

その状態から更に何かしらシミに対して手が加えられたり漂白を行って取り切れなかった場合にはかなり取れにくくなってしまうんのです。

もしも付いてしまったインクの種類が油性か水性かゲルインクかどうか分かれば店頭で教えて頂けますと、染み抜きの参考として非常にありがたいです。

ゲルインクは分からない場合が多いので油性か水性だけでも教えて頂けますと助かります!

インクの成分は洗剤や水分を含むと広がりやすく滲んでしまうので溶けて広がってしまわない様に気を付けましょう♪

ではでは~。

「お家や他店ではシミが落ちなかったお洋服のシミのお問い合わせはこちらです」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。