白いお洋服の場合には脇部分がだんだん赤っぽくなったりピンクっぽくなってくる事があります

白いお洋服を着用時の制汗スプレー使用にはお洋服の色が変化する場合がありますのでお気を付け下さいませ

はい、白いブラウスやシャツの脇部分やお腹の部分の生地が、よく見ると赤っぽくなっていたりピンクっぽくなっていたりしている等の経験はございませんでしょうか?

実はソレ、
「制汗スプレー」の影響かも知れないんですね。

汗の成分と制汗スプレーが温度や摩擦等の特殊な条件で薬品が反応してしまい、特にお洗濯するまでに時間が経ってしまった場合には白い生地のお洋服に変化が起こってしまうという事例が全てではありませんが発生致します。

特にこの時期に多いのですがその原因の1つに制汗スプレーを使用した後に直ぐにお洗濯出来ずに時間が経ってしまったという報告があります。

おはようございますオノウエです。

洗えば取れそうにも見える変色ですが、クリーニング屋さんで油溶性の処理をしても水溶性の処理をしても全く色に変化は無く殆どの場合には特殊なシミ抜きが必要になるのです。

 

アウターやインナーの色が移った様に見えるのですが「制汗スプレー」に反応して変色する場合の原因の殆どの場合は鉄分です

今回の赤っぽくなっていたりピンクっぽくなっていたりしている脇部分の生地の変色ですが、シミに油溶性の処理をしても水溶性の処理をしても全く色に変化がありませんのでそんな時に次に行うのは酸素系漂白です。

酸素系漂泊は酸素を奪う事によって酸化を促進させシミや色を劣化させて取り除く方法なのですが、この時にシミに反応した酸素系漂白剤の気泡がいつも以上に非常に沢山出てくる場合があります。

その状況は金属の触媒反応です。

制汗スプレーの成分の中の銀の成分が反応して過剰に触媒反応を起こして泡が沢山出ている事が考えられるんですね。

ならば、その鉄分を除去してあげる事が出来れば色を取り除けるという事になります。

この様なシミはお家では中々落とせないシミの部類になりますので、もしもお家で落とせない何が付いたのかよく分からないシミや変色の場合にはぜひともご相談下さいね。

【お洋服のお洗濯で想定外の事が起きた時にはこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。