汗が滲んで色褪せてしまったキャップでも色褪せを直せばまた使える様になるかも知れませんよ

キャップは汗が付着した状態で長く使用する事により汗の影響で色が褪せてしまったり変色してしまう事があります

はい、今年の夏は特に気温も高く太陽光がガンガン照り付けておりましたのでキャップが大活躍したと思います。

そのキャップですがよく見て見ますと色が変化してしまってはいませんか?

生地の色は汗で濡れている状態が長時間続いてしまいますと、ダメージが発生する為に色の定着が弱っておりますと色が汗等の水分により流れてしまい乾いた所に色が溜って色の境目が出来てしまいます。

特にキャップの場合は頭に直接かぶる事から汗や皮脂の汚れはダイレクトに付いてしまいます。

その状態はインナーの肌着並みに皮脂汚れと汗が付着しているのですが、キャップの場合にはインナーの肌着の様に毎日お洗濯をする事は殆どありません。

洗っていない状態が続くと当然の事ながら冒頭の画像の様に色(色素)がダメージを負って段々と色ムラや色抜けの状態が顕著に現れてきます。

おはようございますオノウエです。

もしもこの様に色が変化してしまったり色褪せても、その無くなってしまった色を再び入れ直す事により直す事は可能なんですね♪

 

色褪せてしまったキャップでもある程度は直す事が出来ますので気になる帽子やキャップがある場合は取り敢えずご相談くださいませ

お洗濯の出来るキャップなら使用した場合にはインナーの肌着と同じく出来るだけお洗濯して下さいね。

洗うと色が落ちそうな気がしますが洗うと色が落ちる状況というのは、普段から洗っていない状況が続いていたので洗うと傷んでしまっている色が落ちるのです。

あれ、ちょっと分かりにくいでしょうか?
もう一度言います。

洗ったから色が落ちるのではなく。
洗っていない状況が続き過ぎたので洗うと色落ちするのです。

これで伝わったかな?

最近ではお家でも洗える洗濯表示のキャップも多くなってきておりますので、お家で洗える場合には出来るだけ使ったら洗う事をオススメ致します。

もしもガッツリと洗うとキャップが痛むのでイヤだな~と思う方は、水で濯ぐだけでも汗の塩分が取れるので色褪せの予防にはなります。

でも出来ればちゃんと洗ってあげて下さいませ。

もしも洗うのが遅れてしまいこの様な色の変化が出てきてしまった場合には、色修正(染色補正)も受け付けている信用の出来るクリーニング屋さんで直してもらいましょう♪

【当店はこちらです遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。