髪の毛の色を変えるヘアカラーやブリーチはお洋服に付いた時にもシミではなく色が変わるのです

お洋服に付いてしまったヘアカラーは触ると取れにくくなりますのでそのままお持ち下さいませ

はい、髪の毛を染める場合にはお家で市販のカラーリング剤を使ったり、美容室等ではヘアカラー以外にもヘアマニキュアやヘナカラー等の色んな方法があります。

ブリーチ等の髪の毛の色を抜き取る方法もありますよね。

実はあまり気が付いていない方も多いのですが、お洋服に使用される動物繊維であるウール素材は人間の髪の毛と同じ様な構造をしておりキューティクルの様な形をしているスケールと言う部分も存在致します。

という事は、もしもこのウール素材のお洋服にカラー剤やブリーチ等が付いてしまいますと、当然の事ながら人間の髪の毛と同じ様に良い感じに染まってしまいます。

それってもう「シミ」ではありませんよね。

おはようございますオノウエです。

髪の毛の色を変えるヘアカラーやブリーチは髪の毛に付いた「シミ」ではありませんので、当然の事ながらお洋服に付いた時にも「シミ」ではなく「色に染まる」もしくは「色が抜ける」という現象がお洋服に起こると言う事なのです。

 

ヘアカラーを取り除くのに生地が染まっている場合には生地の性質を見て対応したりヘアカラーを取る時に色々な方法を数回繰り返して試さないといけない時があるんですね

髪の毛を染める方法は沢山ありますのでその分対応する方法もコレをすれば絶対に取れると言う様な薬品はありません。

生地の色が抜けてしまっている場合には毛染め液を取り除くというよりも変化した色を色修正で修正する場合もあります。

お急ぎでの対応も出来ますが出来ればヘアカラーをシッカリと落とす為には、お仕事のお預かり時間はたっぷりと用意しておいて下さいませ。

今回のヘアカラーが付いてしまったポロシャツの襟部分の変色も取り除くのにお日にちを何日か頂きましたのでじっくりと取り組んで取り除く事が出来ました。

ご依頼頂きましたお洋服はたまたま白い生地の部分だけにヘアカラーが付いておりましたが、色柄部分に付いてしまったり生地が染まってしまった場合には生地の性質を見て対応したり色々な方法を試さないといけない時があります。

基本的にはヘアカラーがお洋服に付いてしまう状態はイレギュラー以外の何者でもありません。

ですので早く取り除きたい気持ちは分かりますが、一度触ってしまいますと非常に取れにくくなるのもヘアカラーの特徴です。

ですので出来れば付てしまったそのままの状態でお持ち下さいませ♪

ではでは~。

「お洋服に付いたお家では取れないシミのご相談はこちらまでご連絡くださいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。