お洋服が変色や退色等の場合には色を見えにくい状態に修正して見栄え良くする事が可能です

濃色のお洋服の袖口や襟元は例え1度しか着用していないお洋服でも汗をかいていない様に感じていてもダメージが発生致します

はい、お洋服を着用いたしますと冬の寒い時期でも状況によっては汗ばむ事はありますので、汗も発生しやすく汗の水分と摩擦の擦れによって色柄の裏地等の場合には色素にダメージが発生致します。

今回の様な色修正事例のセーターの袖口の場合には、明らかに外的要因により付着してしまった塩素系漂白剤が濃色の色素を破壊してしまい色が変化したものと思われます。

因みに塩素系でも酸素系でも生地の表面を薬品の力で溶かして綺麗にする作用がありますから、生地にはそれ相応のダメージも発生しておりお直しする事が困難な場合もあります。

ですが、脱色等の場合には薬品などの科学的な効果により突発的に色が無くなってしまっている事から、その無くなってしまった色を再び入れてあげる事によって色を修正する事がある程度は可能なんですね。

おはようございますオノウエです。

勿論の事生地の状態にもよりますが、色の修正の目安としては基本的に人と会話する距離は約1メートルぐらいですのでそれぐらい離れた状態で色の変化が確認出来なければ基本的には目立たないと考えてお仕事させて頂きます♪

 

色が変化したり無くなってしまっている生地の状態は生地にダメージがある状態ですので弱ってしまった生地に洗浄を行いますと洗浄を行った事が引き金となり染料が剥げ落ちたりする事もあります

先ずはお受けした場合には既にお家で洗っていたりクリーニング屋さんでクリーニングをしていても、洗い方の方法で落とせる汚れも違いますからもう一度クリーニングさせて頂きます。

そうして表面に付いている汚れや被膜をシッカリと洗い流してから色修正を致します。

ですが生地にも漂白剤でのダメージがあり繊維が溶ける事によってツルツルになってしまい色が修正しても乗りにくくなってしまっている事があります。

その時には色が定着する様にバインダーを使用したり高温度を掛けたり、繰り返し何度も色を修正する場合もありますので時間が掛かってしまうんですね。

その為に複数回の色修正や洗浄も含めてお仕事させて頂く場合にはお時間は多めに頂いております。

出来る限りの事はしたいですからね~。

特殊技術である色修正(染色補正)は万能ではありませんから色修正を施しても、生地へのダメージは元には戻りませしお洋服も新品にも戻るわけでも完璧に直るわけでもありません。

あくまでも後付けの色修正(染色補正)ですので、使用すれば着用の頻度や着用方法や洗い方によっていずれはまた段々と色が抜けてきます。

特殊技術である色修正(染色補正)はお値段やお時間もかかりますが、それでも色が元の状態近くまで直ればまたお気に入りのお洋服が着れる様になりますからお気に入りの一着にはお勧め致します♪

【もしもお洋服の関節部分や裏地が変色してしまった時のお直しのご依頼はこちらまでご連絡下さいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。