黒い汚れを擦ったりしてしまいますと生地に入り込み非常に取れにくくなってしまうんですね

お家で洗える水洗いの出来るお洋服なら洗っている間に取れてしまう事もあるのですが水洗い出来ないドライクリーニングオンリーのお洋服にはご注意を

はい、最近ではお家で水洗いしてメンテナンスの出来るウール製品も沢山ありますが、それらのお洋服はウール自体に加工が施されており水洗いしても大丈夫な様に出来ているんですね。

ですのでウール製品なら何でもお家で洗える訳ではありませんので、縮んでしまったりした場合には何とかしてお直しをして欲しいとのご相談をお受けいたします。

勿論ある程度までならウールに状態によっては修正は可能です。

しかし、ウールが固くなり引っ張っても伸縮性がない意場合には、もうウールがフェルトの様に固くなっておりますので修復は不可能になります。

話がお題とはそれましたが、今回の様な黒い擦れた様な汚れがお洋服に付いてしまった場合には先ずは叩いて汚れを取り除きましょう。

そこでストップ!

おはようございますオノウエです。

煤やカーボンの様な汚れの場合には水にも油にも溶けないミクロの砂粒の可能性とウール等の生地の特性もあり、お家での水洗いは汚れを取り除く以前に生地に与えるダメージの方が大きいのでそれはお勧め出来ないのです。

 

お家での水洗いが出来る洗濯表示が示されていない場合には水洗いいたしますとしわくちゃになったり縮んだり等の弊害が起こってしまいます

洗えない表示のお洋服が洗えたら良いのですが、もしも何らかの影響でお洋服に変化が起こってしまった場合には洗濯表示に基づいた適正な洗い方が出来ていなかったとの事でメーカーの保証を受ける事は出来ません。

逆に言いますと、洗濯表示に基づいた適正な処置で何らかの不具合が出た場合にはメーカーの保証を受ける事が出来るかも知れないという事なのです。

家電の説明書を大事に取って置く様に、お洋服の洗濯表示も切り離さずにお洋服に付けておくのはこの様な事がある時に対処出来るかも知れないからなんですね。

またまた話がそれましたが(笑)

今回の黒いスス汚れもドライクリーニングと油性しみ抜き処理によって綺麗に取り除く事が出来ました。
この染み抜きでは水は使っておりませんが水をピンポイントでの使用なら可能ではあります。

お家ではピンポイントに汚れやシミに対してだけに水で対応する事は難しいですが、クリーニング屋さんの特殊機械と技術と薬品なら問題なく水を使えますので対応の幅も広いんですね。

もしもお家では取れそうにない様な汚れやシミの場合には是非ともお声掛け下さいね♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す