応急処置しても変化が無かった染みは普通のお洗濯やクリーニングでは落ちないかも知れません

応急処置しても全く変化の無い汚れやシミの場合には部分漂白や特殊薬品使用等の方法が必要になります

はい、応急処置等で薄くもならない変化も無い様な場合には、当然の事ながら普通にクリーニングしてもお家でのお洗濯をしても変化しない場合が非常に多いです。

因みに「普通のクリーニング」とは一般的にはハウスクリーニングや、衣料の洗濯事業であるクリーニング店が行う「ドライクリーニング」の事を示します。

今回の場合にはお洋服のクリーニングなのでドライクリーニングの事を言いますが、ドライクリーニングはドライゾールと言う溶剤を使用して行います。

ドライクリーニングは油性の成分を取り除く事には力を発揮致しますが、水溶性のシミや不溶性のシミや変色には殆どその効果を発揮出来ません。

おはようございますオノウエです。

特に黄色いシミや茶色いシミ等の色素等が関係していると思われるシミには、取り除く為の専用の特殊な染み抜き方法や薬品が必要な事が多くあるんですね~。

 

水にも油にも溶け込まない不溶性の汚れである錆(さび・サビ)の混じった雨水や錆水も専用の薬品を使用しないと非常に取れにくいです

今回の染み抜きでお預かりしたシミは液体が飛び散った様に付いている様に見えますが、それが食べ物の汁や飲み物だけとは限りません。

特に天候の悪い日には色んな汚れがお洋服に付いてしまう事も考えられます。

雨が降った後でしたら錆と水がまじって出来た錆水が付いてしまったという事も考えられ、そんな場合に対応するには取り除く為に専用のシミ抜き剤が必要になってきます。

先ずはクリーニングや漬け込み処理によって生地の油膜や既に使用された洗剤やシミ抜き剤をリセットしてから、次に不溶性の汚れや色素の定着等に順番に対応して取り除きます。

今回の場合には油溶性と水溶性の汚れを全体的に落としたのちに、酸素系漂泊を部分的にピンポイントで施したところ反応がありましたので酸素系漂泊を中心に不溶性汚れを取り除きましたら綺麗になりました。

何が付いてしまったのか分からない状態の場合には、何が起こっているのか想像の出来る経験のあるクリーニング屋さんに特殊染み抜きで相談して下さいね。

野外でのロケーションでは何が付いてしまうのかは分かりませんので、外出後にはアウターお洋服をハンガーに掛けた後で変に汚れていないかを確認致しましょう。

勿論シミがあったらこちらまでご相談下さいね♪

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。