濃色ジャケットの脇部分の生地が赤く変色してしまっていますが何とかなりませんか?

ジャケットの脇部分には汗が1番集中しやすく水分と摩擦でお洋服の生地や裏地には変色が起こりやすい状態が長く続きます

はい、着用頻度の高いお洋服の場合にはどうしても襟元や脇部分の生地に変化が出やすくお洋服の色も弱ってしまいがちになってしまいます。

お洋服の色が弱ってしまいますと抜けやすい色から順番に薄くなってしまったり抜けてしまいますので、目に見えて変化して見える様になってしまうんですね。

そうなってしまいますと無くなってしまった色を再び足してあげて修正しなくてはなりません。
その色を直す技術の事を「色修正(染色補正)」と言います。

おはようございますオノウエです。

ですが、

元はと言えば色の変色の殆どの原因は皮脂汚れや汗の残留により弱っている色素が水分を含んでいる状態で、スレによる物理的なダメージも加わり色が化学的にも物理的にも変化しやすい状況を作ってしまった事にあります。

その様な状態を予防して回避するには皮脂汚れはドライクリーニングで取り除き、汗は水溶性なので水を使った汗抜きダブルクリーニングで取り除いての予防が可能なんですね♪

 

変色している場合には無くなってしまった色を再び入れ直す事によって色を元に近い状態に再生する事が可能なんです

今回の事例は紺色のジャケットの脇部分が赤く変色してしまいましたが、無くなってしまった色を再び足す事によってかなり目立たなくする様に修正致しました。

殆どの場合にはこの様な状態になってしまった場合には捨ててしまうのですが、無くなってしまった色を再び足して元に近づける事が出来る特殊技術がある事を是非とも覚えておいて下さいね。

色修正(染色補正)という技術を使えば、諦めていたあのお洋服もまた着る事が出来る様になります。
という訳でお問い合わせはこちら♪

【色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。