触りたい?でも触ってはイケません!少しのダメージが後の大ダメージに繋がってしまいます

シルクネクタイ等のデリケート素材に出来たシミは取り除く際には十分に気を付けないと生地や色に大ダメージを与えてしまう事があります

はい、ネクタイに限らずお洋服でもそうなのですがシミや汚れが付いてしまった場合にはどうしても何とかしようとして触ってしまいますよね。

それは仕方のない事なのですが出来れば何もしない状態でプロに任せた方が、かなりの高確率で綺麗に取り除く事が可能なのです。

繊維の特性をある程度は理解していない状態で触ってしまった場合には、逆に高確率で後に繊維や色にダメージを与えてしまいシミや汚れが取れにくくなってしまう場合があります。

特にデリケート素材に対しては十分な知識をある程度は持って対応しないと、少しの応急処置と言えども後に生地がテカってしまったり白くなってしまったりシミが広がって酷くなってしまいがちです。

おはようございますオノウエです。

特に「取れそうには見えるけどどうかな??」っという様な今回の事例の様な黄色いシミには要注意です。

殆どの場合には黄色いシミは漂白作用を掛けないと取れない事が多く、そのシミは取り切れずにシミの周りだけを白く変化させてしまいがちです。

プロなら他の部分にはダメージを与えずに、シミに対してだけ部分的なシミ抜きや漂白が可能ですのでそんな時にはお声掛け下さいませ♪

 

デリケート素材は特に食べこぼし等の水溶性汚れに弱く変化しやすいのでシミを見つけたら出来れば何もせずに早めのメンテナンスをお勧めいたします

シルクの場合には擦ってしまった瞬間に繊維がささくれてしまい細かい繊維のささくれが飛び出てきますので、それが光の乱反射により人間の目には白くなってしまった様に見えてしまいます。

その状態になってしまいますと、直すにはそのささくれた繊維を見えない様に色んな方法を使って目立たなくするしかないんですね。

その方法は何種類かありますが、油分を添加して光の反射を抑えたり色修正を行い色を入れる事で見えにくい状態にお直しする方法があります。

もしも白くテカってしまったりスレが発生して生地の色が白けてしまったりした場合には、その時点で直ぐに手を止めてご相談下さいね。

という訳で、ネクタイの汚れやシミは触りたくても触ってはイケません!

もしもネクタイにシミや汚れを見つけた際には無理をしてシミを取ろうとして擦ったりせずに、出来れば何もせずに早めのクリーニング&シミ抜きでメンテナンス致しましょう。

ではでは~。

【気になるお気に入りのお洋服の染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す