お洋服の縁取りやパイピング部分は擦れにより色が白く見えたり無くなってしまったり致します

特に襟元や袖口は色が変化しやすい部分ですのでその部分を直すだけでもかなり見栄えは良くなります

はい、お洋服の縁取りやパイピングは着用時には真っ先に経年劣化により見た目が変化しやすい部分であります。

特にお肌が擦れる部分には皮脂汚れや汗も付き易く、もっとも摩擦による擦れが発生しやすい場所ですのでお洋服の生地にも色にも負担が掛かります。

そして濃色のお洋服の場合にはかなりユーズド感が出てしまいますので、綺麗目の外見を維持したいと思っている場合にはちょっと気になる雰囲気になってしまうんですね。

おはようございますオノウエです。

実はソレ。
直す事が出来るかも知れませんよ♪

生地の繊維が潰れてしまっている場合には、見る方向によってはテカって見えるリスクはあります。

ですが、繊維が潰れていない場合にはかなり有効である「特殊色修正(染色補正)」を行えば見栄えが変わりますのでご相談下さいね♪

 

襟元や袖口のパイピング(縁取りを包んでいる部分)の場合には「特殊色修正(染色補正)」を行って修正するという方法以外にも「お洋服のリフォーム(修理)」という選択肢があります

襟や袖口やパイピング(縁取りを包んでいる部分)が合成皮革の場合には時間が経ってしまいますと、使っている使っていないに関わらず5年から10年ぐらいで劣化して剥がれたりベト付いてきたり致します。

その場合には「特殊色修正(染色補正)」を行って部分的に修正しても、他の部分が劣化しているのでまた直ぐに剥がれたりベト付き等が発生致します。

そうなりますとパイピングを全て交換する「お洋服のリフォーム(修理)」がおススメになります。

全てのパイピングを本革に交換する方法を行う事によって、劣化して剥がれたりベト付いてくる事無く皮革の色褪せの形状変化を楽しむ方向へシフトさせる事も可能なんですね。

今回の場合はパイピングの対象が生地でしたので「特殊色修正(染色補正)」でお直しする事で間に合いましたが、もしも合成皮革の場合には是非とも「お洋服のリフォーム(修理)」をご利用くださいませ♪

皮革の場合には使用による形状変化も楽しめますし、色が気になる様でしたら「特殊色修正(染色補正)」で補色する事も可能です。

今回の様に色んな形でお洋服を再生する事が出来れば、お気に入りのお洋服も長く楽しむ事が出来ますのでその時にはお声掛け下さいね♪

【遠方からの場合の宅配色修正&しみ抜き&クリーニングのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。