色の濃いデニム生地のお洋服は摩擦に弱く擦ってしまいますと直ぐに色が抜けてしまい白くなってしまいます

デニム生地は色の濃淡が出やすく外的なダメージには弱いので経年劣化が起きなくても部分的に色が変化する場合が多いのです

はい、インディゴブルーのデニムジーンズの場合には特に履いている内に色の濃淡が出てきてそれが良いな感じの色の濃淡になりそれが個性となります。

ですが汚れやシミが付いてしまった時にそれを取り除こうとして擦ってしまった場合には、デニムでしたら色の濃淡が激しいので白けてしまい見た目にも人工的な色抜けに見えて気になる事が起こってしまいます。

この様なインディゴ先染めのデニムジーンズとなりますと、白けてしまった部分の色修正(染色補正)を行いその質感を後から元の状態に近づけてお直しするのは非常に難しくなります。

おはようございますオノウエです。

しかし出来ない訳ではありませんので、もしもこの様な状態になった時でもお声掛け下さいね♪

 

自然に任せて色が経年劣化で色が変化する過程も楽しめますが予期せぬ変化には修正が必要になる場合もあると思います

色が変化するのを楽しみながら着用するのはデニムジーンズの1つの楽しみ方ではありますが、今回の様に予期せぬ出来事による色の落ち方の場合ですとデザイン的に気に入らない事もあります。

「ほんの少しだけ白くなった個所を何とか元の状態近くまで修正出来る方法はありませんか?」

この様なご相談は意外にも多いんですね~。

なのでそんな時には人工的に手を入れて変更して理想に近づける事もアリだと思います。

と言う訳で今回お預かり致しましたデニムジーンズのお家での汚れ取りのよって起こってしまった緊急対応によるトラブルは殆ど分からないぐらいに修正する事が出来ました。

気になる「こんな事が出来るかな??」のご相談でもお受けしておりますので是非ともお声掛け下さいませ♪

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。