濃色ジャケットの襟元が白くなってしまっているのは擦れや汗が原因で色が無くなっているのです

綿生地の濃色のお洋服は擦れや汗に弱く襟元の色が白くなってしまったり赤く変色してしまったり致します

はい、綿生地の中でも厚みのあるジャケット等には特に色の変化が出やすく白くなってしまいます。

皮脂汚れやファンデーションの汚れももちろんありますがそれだけでは無く、皮脂汚れや汗で弱ってしまった生地の色が着用により擦れる事で殆どの場合には色が抜ける等の変化が出てしまいます。

特に黒に近い濃い色の場合には白くなったり赤くなったりと生地の色の変化が出やすく、その場合にはシミや汚れではありませんので当然の事ながら洗っても変化しないんですね。

おはようございますオノウエです。

この状態の事を生地の色が変わって仕舞った変色と言う言い方や、生地の色が時間を掛けて無くなってしまった退色と言います。

ちなみに塩素などの漂白剤で部分的に生地の色が抜けてしまった場合には脱色と言うんですね。

 

色柄物のお洋服の襟元や袖口の凸凹した部分の色の変化はシミや汚れでは無く生地の色の痛みである事が多いので洗っても染み抜きしても直る事はありません

ではそんな場合にはどの様に対応するのかと言いますと、無くなってしまった色を再び足してあげる事によってお直しするクリーニングや染み抜きとは違う手法の「色修正(染色補正)」という方法が必要になってくるのです。

汚れやシミは生地の表面の色を生地事劣化させる事によって、一番弱い色の青色色素等から順番に破壊していきます。

ですので残った色が表に出て来ますので元の色よりも変化して違って見えてきます。
摩擦などによるスレの場合には色その物が物理的に削れて無くなるので更に白くなってきます。

今回の事例では無くなってしまった色を再び足してあげる事によって「色修正(染色補正)」という技法でお直し致しました。

この様な状態になってしまいますと殆どの場合には諦めてしまいがちですが、、その無くなってしまった色を足してあげる事により色を復活させる特殊技術があるのです。

その特殊技術である「色修正(染色補正)」は変色した部分だけを目立たなく修正して問題なく着用出来る様にする事が出来る特殊技術なんですね。

生地に穴が空いていたり破れている場合にはお洋服のリフォームになります。

ですが、生地に問題のないお洋服であれば色の変化した問題の部分だけを修正する「色修正(染色補正)」を行えばまた着用する事が可能ですのでご相談下さいね♪

ではでは~。

【画像診断での無料お見積りご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す