着用によるスレや汗等の影響により白けたり赤っぽくなってしまった生地は「色修正(染色補正)」が必要です

特にお肌が擦れてしまう襟元や袖口はスレや汗の影響がダメージとして出やすく変化が起こってしまいます

はい、今回お預かりした様な濃色のトレーナーは色が濃くハッキリクッキリとしているので見栄えもよくついついヘビロテしてしまいがちになってしまいます。

ですがトレーナーに限らず濃色の綿麻のお洋服の場合には非常に汗や物理的な着用によるスレ等の影響を受けやすく直ぐに色が変わって仕舞います。

白くなってしまうのは濃色の色が擦れにより削れてしまう事と、細かい毛が毛羽立ちそれが光を乱反射して白く見えたりするのが原因の一つです。

おはようございますオノウエです。

赤っぽく見えるのは生地の色(色素)が汗等の影響により劣化して弱っている色(色素)が抜けてしまい変色してしまったからなんですね。

でもそれ、諦めてしまう前に「色修正(染色補正)」と言う特殊技術で直す事が可能な場合もあるのです♪

 

変色や脱色してしまったお洋服を諦めて捨ててしまう前に変色や脱色の色を(色素)を復元する事が出来る「色修正(染色補正)」と言う特殊技術がある事を知っておきましょう

お気に入りのお洋服が他の部分は問題ないのに襟元と袖口だけが変色してしまっている場合にはどうされておりますでしょうか?

ヤッパリ圧倒的に多いのが捨ててしまったりリサイクルに売ってしまったりする事が多いと思います。

ですがもしも直せるとしたらまた着用する事が出来ますよね♪

必ずしも完全に治る訳ではありませんが現状よりは目立ちにくくお仕上げする事が可能です。

お仕上がり迄お日にちは掛かってしまいますが、シーズンオフに入るお直し洗いの時にご依頼頂ければお仕上げ期間も気にならないと思います。

最近では新しくお洋服を購入するよりもリサイクル品を上手く使いおしゃれを楽しむ方も沢山増えてきています。

ブランド品しか取り扱わないリサイクルショップや古着屋さんも増えてきておりかなり流行っておりますよね。

それに伴い汚れてシミのある部分だけをピンポイントで染み抜きする「特殊部分染み抜き」や、変色や脱色の色を(色素)を復元する事が出来る「色修正(染色補正)」のご依頼も増えてきております。

新しい物も良いですが古い物も長く使えたら素敵ですよね~♪

と言う訳でご依頼は常時行っておりますのでこちら迄お問合せ下さいませ。

ではでは~。

【「特殊部分染み抜き」や「色修正(染色補正)」のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。