もしも本革製品のお洋服にシミが付いてしまっても取り除く事が出来るかも知れませんよ

食べこぼし等の油汚れが本革製品のお洋服に付いてしまった場合には何もせずにお持ち頂くのが一番の得策です

はい、今回の事例は皮革ジャケットに付いてしまった油の様な何か分からないシミの染み抜き事例ですが、この様な事例は皮革製品の場合には良くあります。

中々洗う頻度が少ないのでお家で洗えるお洋服の様に知らない間に付いたシミが、「洗っている間に取れて良かった!」なんて事は起こりません。

油分が皮革製品に付いてしまった場合には浸透してしまい黒っぽいシミの様な状態になってしまいます。

おはようございますオノウエです。

この様な状態になってしまいますと油分の様な黒いシミを取り除けても、皮革の表面の色にも変化が起こってしまう場合が多いので「色修正(染色補正)」が必要になってくるんですね。

 

本革の皮革製品は素材の寿命が非常に長いのでシッカリとメンテナンスして修復さえすれば長い間着用する事が出来るのです

皮革製品の場合ですと汚れや擦れ等の物理的な劣化も「育てる」と言う言い方があるように、そのお洋服だけのオリジナルの「味」となってその人だけのお気に入りのお洋服になります。

ただ、予期せぬ汚れやシミが突発的に付いてしまった場合にはどうしても気になりますよね。

そんな時には是非ともご相談下さいませ。

 

今回の事例の様に皮革製品でもクリーニングや染み抜きや「色修正(染色補正)」を施せば、育ててきた味はそのままに気になる汚れやシミだけを取り除く事が出来る可能性があります。

本革皮革製品の場合ですと長年時間が経つと皮革も硬くなりひび割れたり破れたりする事はありますが、本革皮革製品は張り替える事や染色補正等のメンテナンスをする事でまた気にならなく着用出来る様になります。

もしもクローゼットの奥深くに眠っている気になる皮革製品がありましたらお直しして自分にとって価値のあるお品物に変換して再び着用してあげましょう♪

ではでは~。

【皮革製品のクリーニングや染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。