お家で墨汁のシミが付いてしまった時には出来れば何もせずに先ずはご相談下さいませ

墨汁の黒いシミは最初のアクションの段階で取り除けずに残ってしまいますと生地の繊維奥深くまで浸透してしまい取りにくくなってしまいます

はい、最近の墨汁はお洗濯するだけで取れるという酸性染料で作られた墨汁等も販売されておりますが、本来は硯(すずり)で墨(すみ)を磨り作りますので煤(スス)の細かい粒子の集合体です。

墨は固形物質で水にも油にも何にも溶けませんので、お洋服に付いてしまった墨(すみ)のシミは洗ったからと言って簡単には取れるものでもないんですね。

おはようございますオノウエです。

昔であれば丈夫な生地のお洋服も多かったので、墨の付いてしまった個所に米粒を塗り込んでから擦って洗うとかなり取り除く事が出来ました。

ですが、今のデリケート素材のお洋服ですと物理的に擦る等の力を加えてしまいますと生地を傷めてしまう可能性が出てしまうんですね。

 

煤(スス)は固形の水にも油にも溶けない物質ですの細かい粒子が繊維に入り込んでしまいますと完全には取れなくなってしまう場合もあります

固形物質の汚れは基本的には直接強力な水流やエアー等の物理的な力で吹き飛ばす方法があります。

後は先ほどの米粒の様な増粘剤の役割を果たす、黒い汚れを吸着して吸いく様な何か別の物にくっ付けてから取り除くという方法が最も有効と言う事になります。

ただ触りすぎて粒子が細かくなってしまいますと繊維の奥深く迄浸透して中々取れにくくなってしまうのです。

今回の事例ではお持ち込みになられる前に既にネットで調べて染み抜きや洗濯等の考えられる方法は全て行った上でのご依頼でした。

かなり薄くはなっておりましたが完全には取り切れずに残ってしまっておりましたので、科学的に取り除く為の専用の薬品と物理的に取り除く事の出来る染み抜き機械を使用して「特殊部分シミ抜き」にて対応致しました。

もしもお家で触ってしまい取れなくなってからでも現状よりはシミを取り除く事が可能と思いますので、その時には是非ともお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。