お洋服の裾部分が黒くなっていませんか?その汚れ取り除けるかも知れませんよ

コートの裾が擦れにより劣化した生地の中に黒い汚れが入り込んでいるのが「擦れ汚れ」です

はい、コート等のロング丈のお洋服の場合にはどうしても裾部分が擦れてしまい黒く汚れが溜まりがちになってしまいます。

その殆どの場合が汚れが付くだけではなく擦れによる生地へのダメージも同時に起きているんですね。

なので擦れにより目の開いてしまった生地の生地目に汚れが入り込んでしまい、取れにくい黒い擦れ汚れになってしまうのです。

おはようございますオノウエです。

そのままの状態でダメージと汚れが蓄積し続けると、汚れがどんどん生地目の奥深くに入り込んで時間と共に余計に取れにくくなるのです。

 

擦れの汚れが発生した個所は縫い目の糸が傷んでしまい切れやすくなる等のダメージを負ってしまいますので出来れば早めに対策致しましょう

早めの対策と言いましても裾部分はどうしても擦れは発生する個所ですので、生地のダメージが少ない内に汚れを取り除けば生地の傷みは何ともなりませんが見た目の汚れだけは浸透する前に取り除けるという事です。

生地のダメージ部分には泥や砂やススが付着する事によって、汚れが生地に定着する前に取り除いて常にフラットな状態を出来るだけ保ちましょう。

今回の裾生地に入り込んだ黒いカーボン汚れも有料の「特殊染み抜き」でシッカリと取り除けましたので、その後の定期的なクリーニングさえ行えばかなり擦れ汚れは軽減させる事が出来ますのでお洋服を長持ちさせる事が出来ます。

もしも気になるシミや汚れに気が付いたら早めのメンテナンスがお洋服を長持ちさせる秘訣になりますのでその時にはご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合でも近隣の場合でも宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。