ある程度は薄くなったけどそれ以上は何をしても取れなくなってしまったシミはありませんか?

取れないシミは最終的には水にも油にも溶けない状態の固形物質が残りシミが取れなくなって残ってしまうのです

はい、油や水に溶けるシミはクリーニング屋さんのドライクリーニングや、お家でならお洗濯に使用する洗剤やピンポイントにシミに使用する中性洗剤での染み抜きである程度は取り除けます。

ですがそれでも取れずに残ってしまうのが色素や煤です。

色素と言えば襟や袖口周りに発生しやすい黄ばみがそうなのですが、黄ばみの場合には漂白処理を行えばかなり取り除く事が出来ます。

ですが、煤(スス)が付いている様な黒いシミの成分は水にも油にも溶けない成分ですので無理に取ろうとしても砕けて繊維の中に入り込んでしまい中々取れないシミになって最後まで残ってしまうんですね~。

おはようございますオノウエです。

お洋服に付いてしまった時のシミで特に取り除きにくいのは、ゲルインクや墨汁や泥はねや花粉等の水にも油にも溶けない固形のミクロの粒子で出来た不溶性のシミなのです。

 

お洗濯では取れにくい何をしても取れない黒い煤(スス)汚れは特殊部分しみ抜きで取り除けるかも知れませんよ

例えば車の後ろのマフラーのあたりに立っておりますと排気ガスがお洋服に付いてしまったり致しますが、それも油や水や煤(スス)が混じっている複合体の汚れです。

ワイシャツの襟ぐりが黒くなってしまうのも、空気中に漂っているミクロの塵である排気ガスの成分やタイヤの削れた粉塵が皮脂汚れに付着して黒ずんでしまうのが原因の一つなのです。

今回の事例では何かが付いてしまいお家やクリーニング屋さんで染み抜きを行ったが取れなかったので、何とか取り除いて欲しいとのご依頼でしたが綺麗に取り除く事が出来ました。

汚れた油や水の他にも固形の細かいススがシミの成分に入っており、細かい固形物質であるほど繊維に付いてしまった場合には生地繊維の内部に浸透して取れにくいです。

そんな時には染み抜きの得意なクリーニング屋さんに相談致しましょう。

勿論当店でもお受けしておりますのでお声かけ下さいませ♪

ではでは~。

【お近くにご相談出来るクリーニング屋さんが無い場合には染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。