お洋服に付いてしまった修正液はムリして取ろうとすると生地を傷めて毛羽立ってしまいます

修正液は物理的に削り取る方法も無くは無いのですが方法が荒いとかえって生地を傷める事が多いです

はい、お洋服に付いてしまった修正液の染み抜きはご相談して頂く前にイロイロと触られてからお持ちになるケースが殆どです。

なので既に生地が毛羽立っていたり色(色素)が抜けてしまい色修正が必要になる状態です。

ですのでそんな時には「特殊色修正(染色補正)」でお預かりする事になってしまいます。

出来れば応急処置として「擦る」「削る」等の方法は出来るだけマイルドに行い反応がなければ無理はしない方が得策なんですね。

おはようございますオノウエです。

修正液が普通のお洗濯では落ちないのは成分はアクリル系樹脂ですので接着剤と似ており、特定の薬品に対してだけ反応して溶けますが水や油には基本的には溶けない性質だからなのです。

 

無理して取り除こうと致しますと修正液は取れずにその周りの生地を傷めて毛羽立ってしまったり色(色素)が抜けたりも致します

クリーニング屋さんのしみ抜きでは、生地にダメージを与えない様に数種類の薬品を使用して更には温度と濃度と時間を調整しながらシミを落とします。

もしもご自分で修正液のシミを取ろうとお考えの場合には、作業に費やす時間や道具をそろえたりのコストや失敗した時のリスク等を考えると中々割には合いません。

その上でリスクの事も考えますとやはりご自分で取ろうとしない方が良いと思います。

そんな時にはいつもの信頼出来るクリーニング屋さんにしみ抜きをお願いいたしましょう。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。