そろそろ薄着の季節ですがクローゼットから出す時に驚かないで下さいね

o0450045013361972101

 

綿や麻のお洋服は出やすい

はい、去年にしっかりとお洗濯して綺麗になっているのを確認してから、クローゼットに仕舞ったはずなのです。

そして、いざ着ようとクローゼットから出してみると、クッキリとあるハズのないシミが付いている。

 

こんな経験ってあると思います。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。

お家でお洗濯しても、クリーニング屋に出していても、出る時は出るんですねこういうシミって。

 

今から着て行こうと思っていたのにありえない

ええ、誰のせいでもございません。
洗い上がった時にはキレイになっていたんですからね。

実はコレ、お洗濯で完全には取りきれなかった、ほんの少しの食べ物の汚れの成れの果ての可能性があります。

 

取り切れなかったシミは時間と共に変化いたします

 

お洗濯後にはスッキリとキレイに見えてても、実は良く見ると薄くキイロがかっていたります。

そのキイロいシミは、タンパク質で出来ており温度がかかったり時間が経ちますと、かたく固まってとても取りにくいシミになります。

タンパク質である卵などは、温度を高めると当然白身も黄身も固まってしまいますよね。
それと同じです。

そうです、少しでも生地に残っているシミや汚れは、時間と温度などの環境によって、簡単に変化してしまうのです。

 

でも、後から浮き出てきたシミは、色素を破壊しなければ取り除くことが出来ません。

 

そこで、飾りの付いたお洋服や濃色のお洋服などの場合には、部分的な漂白などが必要になります。

 

o0450045013361972102

 

ピンポイント漂白処理でキレイになりました。
お家の場合ですと、ピンポイントに色素除去処理をする事はとても難しいです。

プロのクリーニング屋なら、シミ抜きの専用の機材と専用の薬品を使いシミ抜き致します。

 

病気も、あそこイイよと噂の病院で診てもらう様に、お洋服も相談できる信頼の置けるクリーニング屋で診てもらいましょう♪

ではでは~

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。