これから大活躍の日傘を久しぶりに出してみたらエライ事になっていた何て事はありませんか?

雨傘と比べると布で出来ている日傘が多いですので日傘は雨傘より汚れやシミや色褪せはどうしても目立ちます

はい、先日にお待たせしまくっていましてようやくお仕上げの目途が付きました日傘のクリーニング&しみ抜き&染色補正です。

太陽からの紫外線を直接お肌に浴びない様にする日傘は今や夏の必須アイテムですので、最近では使用頻度が雨傘に比べて高くなって来ている様です。

ですが意外と手入れをする事も無く放置しがちなんですよね。
まあ雨傘も手入れなんて普通はしないですが(笑)

最近の日傘はかなり進化しておりまして雨が通らない様に裏側が化学繊維でコーティングされている日傘も多いです。

ただし、コーティングや貼り合わせ素材の日傘には必ず寿命がありまして、時間が経つとコーティングが剥がれてきたり貼り合わせ素材がブクついて来たりいたします。

おはようございますオノウエです。
コーティングや貼り合わせ素材の日傘はそうなってしまうとお手上げですが、昔ながらの布で出来ている日傘でしたら洗ったりシミ抜きしたり色を修正する事によって大事に使えばかなり長く使える事が可能なんですね♪

 

全ての日傘が洗える訳ではありませんが淡色でコーティングや貼り合わせ素材ではない布の日傘でしたらかなり綺麗になります。

こちらは以前にお預かりいたしました日傘をお受けした時のブログのリンクです。

 

淡色系の日傘はクリーニングすれば特にキレイになりやすいですよ

白い日傘は洗えますねん洗うと見た目がかなり変わりますよ

実はお気に入りの日傘ってクリーニング出来るんです。

 

日傘と言いますと大体の場合はご自身で購入する場合より記念日のプレゼント等の頂き物だったりする事が多いようです。

もしもあの時の日傘をもう一度使おうとしてちょっと気になる汚れや色褪せがある様でしたらクリーニング&しみ抜き&染色補正の選択肢も考えてみて下さいね。

 

 

気になるお値段ですが税別価格でクリーニング料金が6000円ぐらいでシミ抜きや染色補正で別途3000円ぐらいは掛かりますので日傘の購入金額等もご考慮してご検討下さいませ。

お問い合わせはコチラまで♪

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。