綿や麻のサマーセーターでお家で水洗い出来る表示の場合には中性の洗剤を使いましょう

水洗い出来るサマーセーターでも必ず弱手洗いモードで中性の洗剤を使い洗いましょう

はい、暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
おはようございますオノウエです。

外は暑くても建物の中にずっとおりますとクーラーで冷えすぎてしまう場合がありますよね。
ですので、綿素材や麻素材のサマーセーター等を使用する方も多くおられます。

流石に暑い夏に使用するセーターですからお家での水洗いが出来るセーターを選ばれるかと思います。

しかし水洗い出来るからと言っても普通モードで洗ってしまいますとシワが取れなくなったり型崩れを起こしたり致しますので注意が必要ですね♪

 

綿素材と麻素材のサマーセーターのお家でのお洗濯で気を付けたい事

それぞれの素材によって特徴がありますのでお家でのお洗濯時には気を付けて洗いましょう。

お家で行なうサマーセーターのお手入れ注意点

【綿素材】
綿素材は水分を吸収しやすく水に浸けるとかなり重くなりますので、長時間水で洗いますと水分を含んだ重みで型崩れしやすいので短い時間で洗う方が効果的です。
基本的には汚れより汗の成分を落とす事を重視してお洗濯致しましょう。

【麻素材】
麻素材は水分を含むと繊維が荒い分直ぐに乾きやすい反面、濃色の場合には水分が長時間付いていますと色が滲んだり移ったりする可能性がありますので綿素材と同様に汚れより汗の成分を落とす事を重視して洗いも濯ぎも時間を掛けずに素早くお洗濯致しましょう。

お洗濯時のリスクを確実に下げるのなら実際に業務をしているクリーニング屋に相談してからでも遅くはありませんのでぜひご相談くださいませ♪

「お問い合わせのメールフォームはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。