ユニフォームに書いてあるサインの滲んだ部分だけを消して欲しいと言うご依頼をお受け致しました

珍しいですが意外に多いのが衣類に書いたサインを消すお仕事です

はい、衣類に書いたサインを消して欲しいと言うご依頼が意外にもちょいちょいとあるんですね。
例えば部分的に消して欲しいとか、滲んだ部分だけを消して欲しい等のご要望があります。

その背景には野球やサッカーの試合で昔に販売や使用されたユニフォームをオークションで手に入れて、その時に書いてあるサインを消してレアユニフォームで応援に行くと言う様な事が起こっている様です。

最近ではオークションは勿論の事、メルカリ等でも気軽にサイン入りのユニフォームを手に入れる事が出来ますからそんなお仕事が増えたのだと思います。

中には洗うつもりはなかったのにうっかりと洗ってしまい、サインのマジックが溶け出して他の部分に移ってしまったと言うご依頼もあります。

おはようございますオノウエです。
そんなお仕事のご依頼はリスクも多くほとんどのクリーニング屋さんではお受けしておりません。

もちろんウチではお預かりしておりますが、その前にシッカリとリスク説明をさせて頂き、万が一の場合には保証は出来ない事をお伝えしたうえでご納得頂いた方に限りお預かりしておりますのでご了承くださいませ~♪

 

 

インクが滲んでしまいあちこちに付いてる部分を部分的に取る

誤って洗ってしまいインクが滲んでしまったともなるとご本人さんはかなりショックだったのだと思います。
お話をお伺いしてシッカリとリスク説明をさせて頂き、万が一の場合には保証は出来ない事をお伝えしたうえでご依頼をお受けました。

インクの滲みや飛び散りの分も含めて綺麗になりましたが色素が弱っている可能性がありますので、今後色が滲まない様に色止めの処理も致しました。

この様に普通なら捨てられてしまったりクローゼットの奥深くに埋もれてしまっているお洋服が再び日の目を見る事が出来る様になるのは非常に嬉しいです♪

もしもお困り事がございましたらご連絡下さいね~

「お問い合わせのメールフォームはこちら」

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。