ホワイトデニムに付いてしまった気になる取れない汚れやシミはありませんか?白パンツコーデには汚れやシミは大敵です

ホワイトデニムのパンツにいつの間にか付いてしまっていた濃色の黒色や黄色の汚れやシミやブーツの色移りが気になるけど何をしても取れない

はい、いつの季節でも定番のホワイト系コーデに欠かせない白パンツですが、少しでも汚れたりシミがあったり致しますとやはり目立ってしまいますし気になりますよね。

ちなみにお洋服の白い色ですがその種類は二種類あります。

それは元々の生地自体が白いお洋服と、白色の染料で白く染めているお洋服です。

元々の生地が白いのは製品になる前に漂白処理を行っているので白いのですが、製品になってから白色で染めて白くしているお洋服も非常に多いんですね。

イメージは白い塗料を生地の上にコーティングしてあり白く見せておりますので、当然その白い塗料が劣化により剥がれたり致しますとその下にある生地の地色が出てきたり致します。

そして、その状態は白い色が剥げたように見えたりシミの様に見えたりするんですね。

見た目には汚れやシミの様に見えても、実は物理的な力や洗剤の力や時間経過による劣化である事も多いのです。

白く塗った生地の色が変化しているだけで、汚れやシミによるものでは無かったりするんですね。

そうなりますともう汚れでもシミでもありませんので、無くなってしまった色を入れ直して修正を行う「色修正(染色補正)」のお仕事になります。

おはようございますオノウエです。
でもどちらにせよ汚れやシミなら染み抜きで取り除けますし、劣化による色剥げなら「色修正(染色補正)」の技術を使って無くなってしまった色を直して再び着用出来る様にはする事はある程度は可能なのです♪

 

お家でのおしゃれ着洗剤を使用してお洗濯時に起こってしまった色移りでも取り除く事は可能なケースもありますのでご相談下さいませ

お家でのお洗濯でも近年では色んな洗剤やシミ抜き剤も市販で販売されておりますので、ある程度は頑固な汚れやシミでもお家でのお洗濯により取り除く事は可能です。

ですが、あと少し!もう少し!が中々取れなかったり致します。

裾の方の裏側にちょこっとだけシミや色が付いてしまい取れなくて気になる。。

そんな時についついやって仕舞いがちなのが、汚れやシミを取ろうとして生地を強く擦ってしまったりする事です。

過度な衣類への物理的なダメージは後々に生地に傷が残ってしまいます事と、生地に汚れやシミの色が取り切れない場合にはさらに浸透して残ってしまい取りにくくなります。

と言う訳で、もしもお家でのお洗濯では「全然汚れやシミが取れない!」そんな時には是非ともご相談下さいませ♪

ではでは~。

【お家でのお洗濯や他店の染み抜きで取れなかったお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。