黒い濃色のジャケットの色が変色して赤っぽくなってしまっても虫食いや生地が傷んでいなければまだ着用したいですよね

濃色のお洋服は擦れや汗の成分による脱色で色が変化する事があります

はい、濃色の黒や紺のお洋服の場合には、擦れや汗の成分による脱色で色が変化したり色が抜けたり致しますと赤くなる場合があります。

流石にこの状態では着用する事は出来ないですし、そんな時には「もう捨ててしまおう」という選択肢しか浮かびませんよね。

ですが、生地も穴が空いている訳でも破れている訳でもありませんし何ともなっていませんので、要はその変色した部分だけを目立たなくすれば問題なく着用出来る様になりハズですよね。

「でも、そんな事出来る訳ないやん・・」
って思いますよね~

実はその様なお洋服を再生する事が出来る技術があるんです!!!

この様な状態になってしまった場合には無くなってしまった色を足してあげれば元の状態近くまで再生する事が理論上は可能です。

おはようございますオノウエです。
無くなってしまった色を足して復活させる特殊技術の事を色修正(染色補正)と言います。
この方法を使う事でそれは可能なんですね♪

 

色修正(染色補正)という技術は無くなってしまった色をもう1度入れる事でお洋服を再び着用する事が出来る様にする技術です

今までも結構変色したお洋服のお話をお伺いするのですが、お洋服の色抜けを直せる事を知らない方は直す事を諦めてしまいお気に入りのお洋服を泣く泣く捨ててしまうケースも多々あるんです。

しかし生地的には何の問題もありませんので非常にもったいない事です。

でもこの様な方法でお洋服を復活させる事が可能であると言う事を、技術を持っている人がシッカリと伝える事を出来なかった事も知って頂く事が出来ていない原因の一つですよね。

この色修正(染色補正)が出来る方は声を大にしてもっと伝えないと中々伝わらないと思います。

この色を復活させる特殊技術の色修正(染色補正)という技術は、全国でも限られた少数の方々しか出来ない特殊技術ですので知らない方も多いのです。

もっと色んな方に知って頂いてお洋服達が捨てられない様になればいいなと思います。
お気に入りのお洋服は捨てる前に是非一度ご相談下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。