衣替えお洋服チェックは早めにしておいて損は無いですよ


衣替えが近づいて来ましたので普通にクリーニングするものとシミのあるものをチェック致しましょう

はい、そろそろ衣替えの時期が近づいて参りました。

今の内にクローゼット内のお品物を普通に洗濯するものと普通にクリーニングするものと、シミ抜きをするものに分けて準備しておきましょう。

そうすれば、クリーニング屋さんにクリーニングを出してお洋服を取りに行った後に取れていないシミに気が付いて、もう一回行かないと行けなくなるような二度手間が少なくなりますからね。

おはようございますオノウエです。

特にヘビロテの予定のお気に入りお洋服は入念にチェックしてからクリーニング屋さんにしみ抜きして頂きましょう♪

 

ウール製品に付いたいつ付いたか分からない黄色いシミは大概が食べこぼし等による水溶性のシミです

シミ抜きをしっかりとせずに長時間保管しておりますと、食べこぼしのタンパク質が酸化(酸素の影響で腐食する)して変色を起こしたり生地を腐食させたりいたします。

その状態は衣類の害虫さんにとっても、良質のたんぱく質がのった生地はおいしいごちそうになってしまいます。

ですので早めの処置が必要ですね。

でも、見えなかった取り切れていない汚れは目には見えない事があります。

それが洗う事によって油分が抜けて白く浮いてきて見える様になる事もあります。

革製品なども汚れたりシミが付いた状態のまま放置しておきますと、湿度や温度などの環境によっては菌類が水分とタンパク質をエサにカビが生えてくる事も考えられます。

ですので、そうなる前のクローゼットチェックを今の内にお勧めです。

お受付時に気になる汚れやシミはスタッフにお伝え下さいませ♪

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。