濃色のパンツの裾部分は摩擦により変化しやすく色が剥げてきたり致しますのでご相談下さい

パンツの裾や腰回りは汗や汚れにより色が傷んで摩擦によるスレにより色が剥げてくる事があります

はい、今回お預かりのお品物は紺系の濃色で向こう側が透けて見えるほどの薄手のパンツの色修正です。

濃色のお洋服はパンツに限らずジャケットの襟元や袖口や肩から掛けているバッグなどのストラップのスレ等のダメージがある場合でも色はジョジョに剥げて来てしまいます。

特に薄手のお洋服は汗等の水分が付いた状態で折れ目が出来ておりますとその部分が白くなってきてしまったり致しますので着用の際にも注意が必要です。

おはようございますオノウエです。
ヘビロテで着用しているお気に入りのお洋服は一度確認してみるのも良いかも知れませんね♪

 

濃色のお洋服の色が白っぽくなってしまったらそんな時にはどうされておりますでしょうか

もしも濃色のお洋服の色が抜けてしまい白っぽくなってしまっても、色を直せば実はまだまだ着用出来るかも知れないのです。

例えば食べこぼし等や汗の汚れををそのままにしてしまいますと、そのなかにあるタンパク質や皮脂汚れや等のシミが腐食して染料や生地はダメージを受けてしまいます。

汗は乾く事により目には見えない状態になりますが、成分はお洋服に残りさらにその成分が凝縮されて変化を起こし汗が付着した状態で時間が経ってしまった場合には染料が劣化してしまいます。

そのお洋服をそれらのダメージが蓄積されている状態でお洗濯やクリーニングを行いますと、クリーニングして洗った事が引き金となり劣化した生地や染料が剥げ落ちたり致します。

クリーニングで劣化している生地や染料が剥げ落ちたりする現象は、殆どの場合がお洋服の生地が食べこぼし等の汚れで着用中や長期間の保管の間に劣化した事が原因である事が非常に多いんですね。

クリーニングして起こったり洗ったりする事で起こったりする顕著に表れてしまうダメージは、そのこと自体が引き金ではありますが生地を傷めた直接の原因では無い事がほとんどなのです。

もしも、お家で衣類の色が変わってしまったり抜けてしまったら、そんな時にはクリーニング屋さんの特殊技術である色修正をオススメ致します。

そうすればお洋服を捨てずにまだまだ着る事が出来ます。

捨てる前にぜひ一度クリーニング屋さんへご相談下さいね。

今回お受けしたパンツの裾の生地が劣化した事による色剥げも「色修正(染色補正)」で修正致しました。
お家のお洗濯でもし色が抜けたり他の色が付いたりした場合でもまだ治せるかもしれませんからね♪

是非とも特殊技術である色修正の出来るクリーニング屋さんへお越しくださいませ。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。