ジャケット等の袖口を折って着用する場合にはその折り目が黒く汚れてしまってはいませんか?

袖口を折って着用したり裾をロールアップする場合にはその折り目部分が擦れにより黒くなってしまいがちです

はい、お気に入りのジャケット等のお洋服の袖口を折って着用した折り目の部分に沿って黒い筋が出来てしまってはいませんか?

特に目の細かな淡色の綿素材等のジャケットやコートで特に起こりやすいのですが、ちょうど折り目の部分にはスレ等のダメージが発生しやすく皮脂汚れも集中して付きやすいんですね。

ですので生地が擦れて擦り切れてしまったり汚れが付着して黒くなってしまいがちです。

その上、折り目の生地部分の黒い汚れの下にある色が、擦れ等の物理的ダメージと皮脂や汗等の化学変化のダメージの両方を受けてしまい黒い汚れを取った後にはその下にある色(色素)が抜けてしまって白っぽくなってしまう事もあります。

おはようございますオノウエです。
汗や皮脂の成分汚れ以外にも生地を折り曲げている部分の摩擦による擦れのダメージにも要注意なんですね♪

 

生地の傷みは直りませんが皮脂や汗の黒い汚れは取り除く事が可能です

袖口を折ったり裾をロールアップして着用しておりますと、やはり必要以上に織り目部分に摩擦による擦れと汗や皮脂の成分が付着して生地に大ダメージを与えてしまいがちです。

更にそのようにして着用したお洋服はその後に汗や皮脂の成分をシッカリと取り除いておかないと、その後に着用しても着用しなくても時間が経ってしまいますと色(色素)は変化してしまうんですね。

そういたしますと、更に変色して織り目部分が黄ばんできます。
いわゆる変色です。

そうなりますとしみ抜きの処理としては、生地にダメージがありますので緩めの油性処理で皮脂汚れを取り除きその後に水を使って水溶性の汚れを取った後に黄ばみを部分的に漂白する事となります。

しかもダメージを受けて傷んでいる生地を守りながらです。

もしも色(色素)抜けてしまっていたのなら更に色を元に近づける技術である色修正(染色補正)が必要になります。

そう思いますと中々大変ですよね(笑)

でもやはり袖口を折り上げてみたり裾をロールアップするのはオシャレには必要です!
なのでお洋服は着用した後の適正なメンテナンスが必要と言う事ですね♪

生地の傷みは致し方ありませんが、今回も折り目の黒い汚れの筋は綺麗に取り除けました♪

もしも生地の色が変化してしまってもまた復活させる事は可能な場合がありますのでご相談下さいね~。

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも郵送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。