色柄物のお洋服に浮き出てきたいつから出てきたか分からないぐらいに古そうな黄色いシミはお家では中々取れません

色の付いている部分や柄の上に出てきた黄色いシミは無理して取り除こうと致しますと色が薄くなってしまう事があります

はい、例えば真っ白な生地の綿やポリエステルで出来たお洋服でしたら、シミを取り除く方法として染み抜きしたり漂白する事は非常に有効ですが色柄物のお洋服となりますと違います。

色柄物に有効な漂白剤も存在致しますが生地に長く付いてしまっているシミは、その下にある生地の色や柄の部分の色素を長い時間を掛けて破壊してしまっているかも知れないんですね。

でもそれは見た目には分かりません。
何故なら色や柄が弱っていても何らかの物理的なダメージが無い限り色は動かないからなのです。

おはようございますオノウエです。
その物理的なダメージと言うのは洗った瞬間や染み抜きをした瞬間のです。

今まではどれだけ時間が経っても汚れのコーティングにより下にある色や柄に変化がありませんでしたが、洗濯や染み抜きを行い汚れやシミを取ったその時に生地の色が動いてしまうんですね。

 

どれだけ時間が経っても汚れのコーティングにより下にある色や柄は変化致しませんがお洗濯や漂白や部分的な染み抜き行った時に生地の弱ってしまっている色が動いてしまう事があります

お家では水溶性や油溶性の洗剤や市販のしみ抜き剤を使用しても、大体の場合には薄くなったとしても完全に取り除く事は難しいです。

完全に汚れやシミを取り除こうとした無理をしてしまった場合の殆どのケースは、ネット染み抜きの方法を調べてお洋服のシミや汚れの部分を塩素漂白したりゴシゴシとして生地や色を傷めてしまったケースもです。

その様な一歩間違えば生地に大ダメージを与える方法は一か八かの賭けになってしまいます。

もしも、市販のしみ抜き剤を使用して取れない輪ジミになってしまったり色が薄くなったりしてしまった時には、その時点で中断してクリーニングのプロにご相談下さいね。

自分で無理をしてシミや汚れを取ろうとしてしまいますと、シミが取れないどころかお洋服の生地にもよりますが生地自体が傷んだり色(色素)が薄くなってしまったりコーティングされている製品ですとコーティングが剥がれたりする事もありますので要注意です!

お洋服に取れそうにない古いシミや汚れが浮きてきましたら、自分では取り除く自信と経験がない場合には無理はせずにシミや汚れにダメージを与える前にプロにおまかせ致しましょう。

出来れば何もせずにシミ抜きをシッカリと出来るクリーニング屋さんへシミ抜きで持ってご相談下さいね♪

ではでは~。

【古い汚れや染み抜きのご相談ならこちらまでご連絡くださいませ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。