お洋服のいつから出てきたか分からないぐらいに古そうな黄色いシミはお家では中々取れません

古い黄色いシミは無理して取り除こうと致しますと生地が破れたり色が薄くなってしまう事があります

はい、生地に長く付いてしまっている様な古いシミは、取り除くまでにそのシミの下にある生地にダメージを与え続けています。

殆どの黄色いシミはタンパク質が変化した場合が多く、植物性の生地や動物性の生地の場合には変化させてしまう様な高い可能性があるんですね。

化学繊維の場合でも色柄物であれば、その色素を長い時間を掛けて破壊してしまう事もあります。

ですが生地や色の痛みは見た目には分かりにくいです。

色や柄が弱っていても何らかの物理的なダメージが無い限り色は動かないからなのです。

こんにちはオノウエです。

その何らかの物理的なダメージが起こるタイミングは洗う時なんですね〜。

 

生地や色にダメージごある場合には洗った瞬間や染み抜きをした瞬間にそのダメージが目に見えて現れる事があります

例えば生地がどれだけ痛んでいても触ったり着用したりするぐらいでは、余程生地がボロボロになっていない限りそうそうは変化に気が付きません。

どれだけ時間が経っても汚れやシミがコーティング代わりになり、下にある生地や色や柄には変化が出にくい訳のです。

お洗濯や染み抜きは、汚れやシミを取り除く為にお洋服に多少の衝撃を与えます。

それが洗ったりシミ抜きを行うと色が出たりするという事に繋がるんですね。

ですので、既に痛んでいる色がお洗濯を行った時に洗剤等のパワーで動いてしまい他の生地に色が付いてしまったりするのです。

そうなってしまわない様にする為にも古いシミを発見したら、出来るだけ早めに取り除いた方が生地や色に負担が少なくて済むんですね。

言う訳で、今回の古い黄ばんだシミも何とか綺麗に取り除く事が出来ました。

そんな時にはご相談くださいね♪

ではでは~。

【古い汚れや染み抜きのご相談ならこちらまでご連絡くださいませ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。