ワイシャツの襟の折り返し部分は生地が弱っておりますので黒いスス汚れが入り易くて取り除きにくいのです

襟元や袖口や裾の折り返しの折り目の部分は汚れが付き易い状態の上に付いてしまった汚れは取り除きにくい部分なのです

はい、シャツの襟の折り目や袖口やパンツの裾のロールアップなどをの部分は生地を折り返すので折り目が出来てしまいます。

その折り目の部分の生地は、生地目が広がりやすく襟元や袖口はお肌に直接触れて摩擦によりもっと生地目が広がり、皮脂の汚れや空気中のスス汚れが入り込みやすい状態にあります。

パンツの裾部分ですと、靴との摩擦による擦れが発生しやすく濃色の革靴や特にスエードの場合には色移りも起こりやすいんですね。

その状態はシャツの襟の折り目や袖口と同じく、生地目が開きやすいので汚れやススや靴の色素が入り込みやすいんです。

おはようございますオノウエです。
汚れや黄ばみは水洗いや染み抜きや漂白である程度は落とす事が可能なのですが、煤やカーボンと言われる黒い汚れは化学変化では落とせませんので物理的な力を加えて落とします。

 

お肌に直接触れる部分に付いてしまった皮脂汚れや黄ばみと黒いススの様なカーボン汚れは落とし方が根本的に違いますので別の工程が必要です

襟元や袖口のお肌に直接触れる部分の汚れの大半は体から出る脂と汗の混ざった汚れです。

脂の方はドライクリーニングで取り除けたとしても、煤やカーボンの汚れは水に溶けない汚れなので物理的なダメージを少しずつ与えながら取らないといけないんですね。

ですが、既に襟部分や袖口部分に生地の擦り切れ等が見受けられる場合には注意して煤やカーボン汚れを取り除かないと生地の擦り切れが余計に広がってしまう恐れがあります。

そこで!
そんな襟部分や袖口部分に既に生地の擦り切れ等のダメージが見受けられる場合に有効な方法があります。

それが部分染み抜きなんですね。
生地の擦り切れ等のダメージを避けながらピンポイントに染み抜きして煤やカーボン汚れを取り除きます。

今回お預かりのシャツの襟元にある煤やカーボン等の黒ずみは、生地に与えるダメージは最小限でかなり綺麗に取り除く事が出来ました♪

汚れや黄ばみをそのままに放置致しますと白い裏地の変色だけでなく、濃色の裏地なら色素が傷んで色移りや色抜けの原因になる事もあり生地も腐食により傷んでしまいます。

汚れや黄ばみを早めに取ると言う事はお洋服を長持ちさせるコツにもつながりますので早目の対応を致しましょう!

クリーニング屋さんで受付の際にはしっかりと汚れていたり黄ばんでいる個所を伝えて有料染み抜きにてキレイにして頂きましょう♪

ではでは~。

【染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。