まるで濡れた様な透けた様なシミの正体はお家でのお洗濯では取りきれない油汚れなのかも

薄手のデリケートな生地に付いてしまった濃く見える生地目に沿って付いている濡れた様なシミは水洗いでは取れません

はい、お家で洗っても中々取りきれないまるで生地が濡れた様に見えるシミを発見した事ってありませんか?

実はソレ。
食べこぼしの汚れの跡かも知れないのです。

お料理や食べ物のソース等に含まれている油が付いてしまいますと、水洗いすれば食べ物の成分は落ちるのですがどうしても残ってしまう汚れがあるのです。

それが油です。
油は生地に付いてしまいますと、生地の目に沿って濃く見えたりしてシミの様に見えて目立ってしまうんですね。

おはようございますオノウエです。
特にラーメンや中華料理等の油を含んだタレや汁等が飛んだりして付いてしまいますとこの様なシミになります。

そして、成分は油なのでお家でのお洗濯では中々落とせないんですね〜。
当然油なのでお家でのお洗濯ではこの様な油のシミは取れにくいです。

 

料理に使用された油は高温で処理され酸化した状態になっておりますので、その変質した油はお洋服に付いてしまうと非常に取れにくくなります

高温の調理により成分が変質した油のシミは、クリーニング屋さんでもそれなりの強目の油性処理が必要になります。

付いてしまいますと厄介なシミになりますので、出来ればお食事の時にはナフキンを使用したりしてお洋服に飛び散らない様に致しましょう。

お食事の際には淡色系のお洋服や、シルク等のデリケート素材のお洋服の着用は出来るだけ避けた方が良いかも知れませんね。

でもパーティ等にはやはり綺麗なお洋服に着て行きたいものです。

もしも!
お食事の際に料理油がお洋服に付いてしまった場合には、出来るだけ早くクリーニング屋さんのシミ抜きで対処致しましょう♪

お家では洗えない素材のお洋服に付いた油シミも綺麗に取り除く事が出来ました♪
この様なシミの場合には是非ともご相談下さいね。

【お家でのお洗濯や他店の染み抜きで取れなかったお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。