落ちにくい崩れにくいファンデーションはお洋服に付いた時にもやはり洗っても落ちにくい訳です

大体のファンデーションは油性由来の成分で出来ておりまして水と油は混ざりませんのである程度は水を弾く耐水効果があるんですね

はい、先日にお受けいたしましたのはお洋服の襟裏に付いてしまったファンデーションの染み抜きです。

お家のお洗濯でもファンデーションが付いてしまった時には中性洗剤等を使用してご自分で取り除いてからお洗濯する方も多くおられるみたいですね。

やはり情報社会ですので調べればネット情報でもYouTubeでも出てきますのでチャレンジする事が出来ます。
もちろん自己責任の範囲内でですので無理も出来ませんから落ちずにご依頼を頂く事もあるんですね。

基本的にはファンデーションは油性の原料に界面活性剤などを使用して色素や顔料を混ぜ込み作られています。

油性で耐水性が高いですのでお肌にはもちろんの事、お洋服についた場合でもそうそう簡単にはお家のお洗濯でも落ちにくい成分なのです。

おはようございますオノウエです。
という事で、水では弾いてしまいますので、先ずは油性の処理で水をはじく油膜をシッカリと取ってから油は油で落とす事になるんですね♪

 

クリーニング屋さんは油汚れなら油性の洗剤や染み抜き剤を使って落とす事が超得意ですので油性の汚れはお任せ下さい

特にお洋服に付く事が多い部分が襟もとや裏側の首周り等に付いたり致しますのでその部分は特に要チェックですね。

この様な油性の汚れは生地にダメージを与えるような擦ったりする行為は殆ど効果がなく、油性を溶かす事の出来る洗剤やシミ抜き剤等で生地にダメージを与える事無く取り除く事が理想的です。

クリーニング屋さんでは油性の汚れを油性のシミ抜き剤で取り除いた後に、更に油性の汚れを落とす事の出来るドライクリーニングでも洗浄致します。

お家での油を落とす成分を入れた洗剤での水洗いに比べますと、ドライクリーニングは油を落とす為に作られた洗剤と洗う為に専用に精製されたクリーニング用の油そのもので洗いますので当然に油汚れの落ち具合はまるで違います。

もちろんお洋服に元々からある油分は抜けない様に洗う方法でドライクリーニングを行いますし、更にしっとり感を出す様に加工もしておりますのでお洋服の油分が抜けてパサパサになる様な事もありません。

「ドライクリーニング」はクリーニング屋さんだけの特別なお洋服にやさしい洗い方なんですね。

もちろんシミ抜きをしたり数種類の水洗い方法も駆使して洗うのがプロのクリーニング屋さんのお仕事ですから、お家では取り除けなかったり洗うのが不安なお洋服はご相談下さいませ♪

「お家やクリーニング屋さんではシミが落ちなかったお洋服のお問い合わせはコチラです」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。