お洋服の裏地は汚れが蓄積しやすく擦れ等で生地が滑脱したり穴が空いたり致しますのでたまにはチェック致しましょう


脇部分の裏地には皮脂汚れや汗汚れで生地が硬化して変色している場合がありますのでチェックしてみて下さいませ

はい、毎日お洗濯をする肌着等の場合ですと常に水洗いが出来ますので汗等の水溶性の汚れは比較的に生地には残りません。

ですが、冬物衣料となりますとお家では洗えないウール等の動物性繊維が多く、特に裏地には皮脂汚れや汗汚れが定着しやすく裏地が汚れている状態が長く続く為に生地が硬化して変色してしまうんですね。

寒い時期には身体への水分補給が少ないので暖房の効いた室内などにおりますと汗を少なからずともかいてしまうのですが、その汗の成分は濃くなりがちでして繊維や色素にダメージを与えてしまうのです。

おはようございますオノウエです。
裏地は見えない部分ではありますが穴が空いたり無くなってしまったり致しますと、直接ウールなどの表地にダメージが発生してしまいますので要チェックです!

 

特に裏地は汗等で水分を含んでいる場合には汗染みや変色も起こりやすく生地も削れて消失したり滑脱(縫い目から裂ける状態)等が起こりやすいので直せる事は早めに対処いたしましょう

裏地の汚れは普通にドライクリーニングするだけではお洋服に付いた油分は取り除けますが、水溶性の汚れや変化してしまった生地の色(色素)は取り除く事が出来ません。

お肌と生地との接触によって生地が擦れてしまい繊維には細かい傷が入っており、その繊維の傷の隙間に汚れが浸透いたしますと更に取れにくくなります。

繊維の隙間に溜まってきた汚れはやがて、着用時の摩擦の温度や長時間保管時の酸化(酸素と反応して変化する事)の影響により色素も破壊されてしまい色を変化させます。

そうなってしまいますとシミでは無くなってしまっているんですね。
もうお洋服の傷ですのでお洋服の手術が必要になってしまいます。

お洋服の手術とは、ピンポイントに油性や水性の染み抜き処理を行い汚れやシミを取り除いた後に、変化してしまった色(色素)を取り除く為に部分漂白や壊れて無くなってしまった色(色素)の色修正(染色補正)を行う事の例えなんですね。

もうそれぐらい悪化してしまっていると言う事です。

今回の脇部分の汚れや染み抜きは同時に色修正(染色補正)も行って殆ど分からないぐらいに修正する事が出来ました。

外科手術が成功した感じですね♪

この様にもうどうしようもない様な状態になってしまっても既に変色してしまった襟ぐりや袖口の裏地でも綺麗にする事はまだ間に合いますし可能なんですね。

もしも裏地が破れてしまっていてもお値段はそこそこ掛かりますが交換する事は可能ですので、そんな場合でもご相談下さいませ。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。