保管中の環境の状態によっては取り切れていない汚れが変化して目に見えるシミになって浮かび上がってくる事があります

特に何年もクローゼットに保管しておりますとカビや虫食いに遭わなくてもシミが変化する事で生地の色までも壊してしまっている可能性があります

はい、ネクタイに付いていなかったハズの茶色っぽいシミがクローゼットに仕舞っていた間に発生してしまったという経験はありませんでしょうか?

今回は明らかに液体状の何かが付いている部分だけ変色してしまった感じに色が変化していました。

例えば見た目には何も付いていない様に見えても特に長時間クローゼットに置きっぱなしにしておりますと、この様にシミが浮き出てくる事もありますからたまにチェックする事も必要なんですね。

おはようございますオノウエです。
お洋服に汚れがシミが見えなくても存在致しますのでシミが浮き上がってきますから、カビや虫食いに遭わなくてもシミが変化する事で生地の色までも壊してしまっている可能性もあるんですね。

 

淡色系のシルクの場合には光が反射した場合に生地の角度や見る方向の向きによってはテカって見えたりシミに見える事もあります

シルクの糸の断面は三角形状になっておりこれがシルクの独特の美しい光沢を生み出すのですが、汚れや物理的ダメージによってひとたび変形してしまいますと実は元には戻らないのです。

勿論シルクは蚕の繭が原料でありタンパク質で出来ておりますので、食べこぼし等の同じタンパク質の汚れが腐食する事が原因で糸も腐食して痩せてしまう事もあります。

今回はかなりの時間が経ち変色しておりましたがタンパク質のシミを生地にダメージが起こらない様に丁寧に染み抜きさせて頂きました。

色は今回は殆ど抜ける事もありませんでしたが酷くなりますと色(色素)も破壊されて色修正(染色補正)が必要になりますから日々のチェックはお忘れなく行って下さいませ♪

もしもシミを発見した時ののご相談はこちらまで♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。