長時間保管のネクタイはカビや虫食いに遭わなくてもシミが変化する事で生地の色までも壊してしまっている可能性があります

保管中の環境の状態によっては食べこぼし等の完全に取り切れていない汚れが目に見える様になって浮かび上がってくるんです

はい、ネクタイに限らずお洋服全般に言える事なのですが、少しでも着用すれば目には見えなくても汚れやシミが付着してしまっている可能性はあります。

その場合にはクローゼットに仕舞っている間に黄色いシミが点々と浮き上がってくる事がありますが、という事は何かしらの汚れやシミが知らない間に付着してシミに変化したという事なんですね。

ですが、目に見えない段階ではどうしようもありませんので完全には防ぐ事は中々難しいのです。

もしも直す前には付いていなかったハズの保管している間に出てきた、黄色いシミが付いていた場合には出来るだけ何もせずにご相談下さいませ。

特にシルクで出来ているネクタイなどは物理的な擦ったりするダメージにはもの凄く弱いのでシミが取れたとしても生地は白くなってしまう事があります。

おはようございますオノウエです。
ネクタイ以外のお洋服の場合にもシルクの取り扱いには十分に注意致しましょう。

 

クローゼットにお直しする前に洗っていない場合は勿論の事なのですが例えクリーニングをしてからお直ししてもこの現象は起こる可能性があります

そしてシルクにシミが長時間付いていた場合には色(色素)まで弱っている状態になる事が多く染み抜きを行いシミを取り除くとシミの下にある色までシミや汚れと一緒に流れてしまう事もあります。

それほどにデリケートなんですね。

今でこそウオッシャブルシルク等もありますがあくまでもシルクの素材自体の性能は変わらずに、水が浸透しない様にコーティングが施してある状態なので洗えるのです。

ですのでそのコーティングが剥がれてしまえば普通のシルクと同じ状態になります。

そんな簡単にはウオッシャブルコーティングは剥がれる事は無いとは思いますが、絶対に剥がれないという事でもなくいつかは劣化してコーティングが取れてしまうかも知れません。

お家で洗えるシルクが、洗った拍子に急にしわくちゃになったり縮んだりしたら要注意ですね。

話がそれてしまいましたが今回のネクタイに付いていた黄色いシミは綺麗に取り除く事が出来ました♪

ネクタイは触ってしまいますとリスクが跳ね上がりますので、もしもの時のご相談はこちらまでご連絡下さいませ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。