お洋服やバッグの付属品ベルトですが基本的にはプラプラしておりますので思わぬ汚れやシミが付いてしまう場合もあります

付属品ベルトのお洗濯や染み抜きは出来ないと思ってはいませんか?

はい、もちろんお洋服やバッグの一部である付属品のベルトも、やはり汚れる時は汚れますしシミも付く事があります。

でも意外にも付属品は洗えないと思っている方も多くおられるんですね。
「汚れてしまった」そんな時にはどうされておりますでしょうか?

そして、これも意外なのですがクリーニング屋さんによっては単体での付属品ベルト等のクリーニングや染み抜きは断られてしまうケースもあるとお伺いいたしました事もあります。

もちろん付属品でも部分的な汚れやシミは付いてしまいますからお店によってはシッカリとケアしてくれるところもありますので諦めないで下さいませ。

勿論の事当店でも付属品単体の汚れ取りや部分染み抜きはお受けしておりますし可能ですよ。

お洋服やバッグの付属品ベルトと言えど勿論それはお品物の一部でありファッションの重要アイテムですので常に綺麗を保ちたいところですよね。

おはようございますオノウエです。

クリーニングを出す際にはフードやファーやベルト等の付属品は出来れば一緒に出して洗ってもらいましょう。

取り外すして別に保管してしまいますと、後で何処に仕舞ったか分からなくなるケースもありますのでお気を付け下さいね♪

 

付属品を取り外した状態でお洋服本体のみをクリーニングに出される場合にはクリーニングからお洋服が戻って来た時点で直ぐに取り付けましょう

付属品を取り外した状態でお洋服本体のみをクリーニングに出された時に、クリーニングからお洋服が戻って来た時点で直ぐに付属品を一緒にして保管出来れば良いのですがついつい忘れてしまいがちです。

そう致しますとクリーニングに出して次の着用シーズンが来た時に付属品を確認する事になるんですね、そしてその時に着用しようと思ったお洋服に付いていたハズの付属品が無い事に気が付きます。

そもそもどうして付属品がお洋服本体に付いていないのかも忘れてしまう場合も多いんですね。

お洋服の本体から外して保管した事を覚えている場合でも、ベルトやフードがクローゼット内にあったはずなのに何処かに行ってしまい見つからないと言う事も多々あります。

ですので!
出来ればお洋服の本体から付属品を外さずにクリーニングする事をおススメ致します!!

もしも付属品を外してしまいますとクリーニングから戻ってきても再び取り付けるのがついつい面倒くさくなり、そのまま放置してしまい何処に行ってしまったか分からなくなるかも知れないからなのです。

付属品でもお品物の一部ですから汚れやシミはシッカリと取り除き、その保管は何処に行ったか分からなくならない様に取り外しても早い段階でお品物本体と必ず一緒に保管致しましょう!

と言う訳で、今回お受け致しました付属品のベルトの汚れやシミも綺麗になりました。
この様な付属品の汚れやシミでもご相談下さいませ♪

ではでは~。

【付属品でも染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。