お家で染み抜きをしてみたらお洋服の色が滲んで色移りしてしまいましたが直せますか?

毎回ではありませんがお家で染み抜き後にお洗濯して洗い上がって干そうと思って洗濯物を見てみたら色が滲んでしまっていました

はい、お家で部分的に漂白剤を使用したシミのあった部分がお洗濯して洗いあがって見て見たら、
「触った部分の色だけが滲んでしまっていた!」なんて事がちょいちょい起こっている様なんですね。

この様な事が起こってしまう状態は様々な要素が重なり合って起こっています。

ちなみに今回のお洋服もよく見て見ますと赤い部分ではなく、青い部分からだけ色が出てきてしまっているのが良く分かります。

実は色移りの主な原因は色付けに使用されております染料や顔料が古くなったり傷んだり、強いアルカリ成分等による作用で色が滲んだり移ったりしてしまうんですね。

それ以外の原因には、お洋服を洗わずに除菌消臭スプレー等を何回も使用して使い続けますと同じ状態になりやすいです。

生地の表面にある色(色素)が汚れの付いている状態でスプレーによりコーティングされてしまい、汚れは取れていないので生地や色(色素)が時間と共に劣化して洗った拍子に色が滲んだり流れたり致します。

おはようございますオノウエです。

お洋服は汚れたままの状態で時間が経ってしまいますとその後に久し振りにお洗濯した場合には、壊れた色素が流れだし色が滲んだり移ったり等の弊害が起こりますので常日頃のメンテナンスが重要なんですね~。

 

青色は特にダメージに弱い色ですので色が壊れて流れ出た場合には早めに取り除きましょう

色移りはもしも起こってしまった場合でも、もちろん色素除去の染み抜きで取り除く事は可能です。
ただし、色が出た部分だけを直せばよいという訳でもありません。

その部分から色が滲んでいるという事は他の色も滲み出る可能性があります。
一番弱い色は青色ですが青色が動きますと紫色や緑色にも影響が出ます。

因みに一番落ちにくい色と言えば皆さんもご存じの通り「黄ばみ」等の黄色ですね。

生地や色を傷めてしまう原因は何も汚れやシミが付いてしまった時だけではなく、むしろ日頃からのお洋服のメンテナンスにも原因がある事も覚えておきましょう。

もしも今回の様な色滲みや色移りが起きてしまった時には基本的にはご家庭では対応する事は危険ですので、先ずはクリーニングのプロにご相談下さいね。

比較的に綿やウールのお品物の場合には落とせる可能性が高いですが、広範囲に色が滲んで広がっている場合には周囲の色にも影響を及ぼす為に完全には取り除く事が出来ないかも知れません。

ですが、色が滲んだり移ったりしているのを確認したらすぐに何もせずにプロにご相談下さい。
もしかしたら酷くても着用レベルまでは直せるかも知れませんからね。

色を落そうと触ってしまうとかえってひどくなる事もありますのでお気を付け下さいね。
色が滲んだり移ったりが起きてしまったらぜひご相談くださいませ。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。