汗や擦れが集中するお洋服の袖口部分の生地や裏地の色は黄色くなったり薄くなったりと非常に変化しやすいです

冬物お洋服の衣替えお直しをしようと黒いジャケットの袖口部分を見て見たら裏地が白くなってしまっていた

はい、なんだかんだの影響もあって中々お家の衣替えも進んでいない方も多いのではないでしょうか?
やはりお洋服は長期間保管のお直し前にはクリーニングや染み抜きはシッカリと済ませておきましょう。

長期保管中にクリーニングせずに保管しておりますと、取り切れていなかった汚れやシミに湿気が反応してその影響でカビが発生してしまったりシミ等のタンパク質が栄養源となり虫食いなどの虫害の被害に遭い易くなります。

今回のお洋服は袖口の擦れにより薄くなってしまった色と皮脂汚れによる汚れの除去後に、無くなってしまった部分の色修正を行い元の状態近くに戻すご依頼でした。

おはようございますオノウエです。

やはり濃色や原色使いのアウター等は直接お肌の触れる部分、襟元や袖口のチェックは入念に行って「変だな?」と思ったら染み抜きや無くなってしまった色を元の状態近くまで戻す事の出来る色修正を行ってからお直し致しましょう♪

 

お気に入りのお洋服の場合にはヘビロテをする事が多くどうしても他のお洋服と比べても使い倒してしまいお洋服の裏側の色が変化してしまいます

お気に入りのお洋服ほど、襟元や袖口や脇の部分を見てみたら色が擦れにより何だか白っぽくなっていたなんて事が多くあります。

やはり着用頻度が多ければ、スレ等の様な物理的なダメージが多い程に生地が傷んでしまうスピードも速くなってしまいますよね。

でも、そんな色が変色している状態になった時でも実は無くなってしまった色を足して目立たなくする事が可能なんですね。

ですが生地の脆化は元には戻りませんので、ヘビロテのサイクルを長く調整して頂くかお洋服を増やして同じお洋服を連続して着用する頻度を下げる事は必要になります。

今回のご依頼でお受けいたしました濃色のお洋服の無くなってしまった裏地の色は、色(色素)を再び足す事によって修正して元に近づけてお直しさせて頂きました。

これでもう少しお気に入りのお洋服を長く着用する事が出来ますね♪

今回の様にもしも色が無くなってしまっても、色修正(染色補正)という技術を使えばある程度はお直しする事が出来ますので着用するのを諦めていたあのお洋服もまた着用する事が出来る様になるかも知れませんよ♪

【色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのお問い合わせはこちらはコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。