薄手素材のお洋服は部分的に擦れるとその部分だけ生地目が歪んで目立ちやすくなったりも致します

薄手素材のお洋服に付いてしまった黒いインクで少し触ってしまいましたが取り除く事は可能ですか?

はい、薄手素材のお洋服は擦ってしまいますと生地の目が開きやすく、糸が歪んでしまい見え方が変わって目立ちやすくなったりも致します。

ですのでインク等の落ちにくいシミが付いてしまった場合には、デリケート素材の生地や色にも注意をしなければなりません。

ついつい応急処置で行って仕舞いがちなのが何とかインクを取ろうとして洗剤を原液で使って擦って見たり、市販の染み抜き剤を使って無理やりに生地にダメージを与えてしまう事です。

生地によっては糸がささくれて細かくバラバラになってしまい白く見えてしまいますので、出来るだけ「擦る」等の物理的なダメージを避けた方が良いのです。

おはようございますオノウエです。

これからの季節には薄手のシースルー生地も多く着用する事があると思いますので、薄手素材のお洋服に汚れやシミが付いてしまった時には部分的に擦る等の行為はなるべく避けましょう。

 

薄手素材のお洋服にシミが付いてしまった場合に取り除く方法は出来るだけ生地に物理的なダメージを与えず洗剤や漂白剤等の薬品の力だけで取り除きます

お洗濯やシミ抜きにはいくつかの汚れやシミを取り除く要素があります。

例えば洗濯機を使う場合にはその機械の性能が行かされる機械力や、洗剤や漂白剤を使う場合にはその薬品の化学的な力や使用濃度や効果時間や水かお湯を使う場合には温度も関係してきます。

それらの複合的な力で汚れやシミを取り除くのですが、この中でも物理的なダメージが発生するのが機械力です。

ですので薄手のデリケート生地等の場合には機械の力を掛けずに、優しく手で揉んで手洗いするという行為が必要になってくるんですね。

ですが、それだけでは中々取れませんので薬品の力を濃度や温度や時間を掛けて生地に与えるダメージを如何に少なく済ませるかです。

と言う訳で、インクを取り除く時には洗剤を原液や市販の染み抜き剤の薬品効果のみを使い、出来るだけ擦ったり削ったりする様な物理的な力を加える事なくインクを取り除けるかが重要なんですね。

今回の薄手素材のお洋服にシミが付いてしまった黒いインクも綺麗に取り除く事が出来ました。

自己流で部分的な処理をしてしまいますとその部分だけ生地に変化が現れる事が多々ありますので出来れば何も触らないでシミ抜きの実績があるクリーニング屋さんに相談致しましょう。

特にインクの染み抜きの場合は染み抜きの初動が肝心です。

最初の染み抜きで適正な処置が出来ないと途端に取れにくくなってしまいますので、常日頃から勉強して経験もあるプロに染み抜きはお任せするのがお家では落とす事の出来ないシミをキレイに取る事の近道になるんですね。

【もしもお近くに染み抜きの出来るお店がない場合にはこちらまでご連絡下さいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。