お着物の裾には床に擦れただけで付いてしまったお家では取れない黒いスス汚れが付き易いです

お着物着用に起こりやすい汚れで特に多いのが裾部分の擦れ汚れですが付き方によっては取れにくくなってしまう事もあるのです

はい、最近ではイベントも延期や中止等で着用回数も減っていると思いますお着物ですが、大体の場合には着用致しますとどこかしらに汚れが付いてしまいます。

その中でも特に多いのが裾部分の擦れ汚れです。

裾には床に擦れただけで付いてしまう様な黒いスス汚れが付き易く付いて直ぐの状態でしたら叩けば取れる事も多いのです。

ですが生地の繊維内に深く入り込んでしまいますと中々取れない頑固な汚れになってしまっている事もあるんですね。

おはようございますオノウエです。

何もお着物だけではなく、裾の長いお洋服でも同じ事は非常に起こりやすいのです。

と言う訳で、もしも日常の生活のまさかの予期せぬところでお洋服にお家では落とせない汚れが付いてしまった時には先ずはご相談下さいませ~。

 

叩けば取れるスス汚れと叩いても取れないスス汚れの違いは生地の繊維に深く入り込んでしまっているかいないかの違いなのです

床に擦れると付き易いススは花粉等と良く似た水にも油にも溶けない固形物質なのですが、水分を含むと途端に弾けて余計に細かい状態になり繊維の奥深くまで浸透してしまいます。

ですので煤や花粉のシミを取り除く時には水分は御法度なんですね。

取り除く方法は生地の表面に付いているだけの状態であれば、物理的に叩く等のダメージを生地に与えれば弾けて取れます。

ですが、ひとたび生地に浸透してしまいますと今度はその行為が逆効果になってしまう恐れもありますので慎重に扱わないといけなくなってしまいます。

もう生地に浸透してしまった場合には、生地の繊維を広げて解す様な特殊な染み抜き薬品を使用して水流等で物理的に取り除きます。

今回のお着物の裾に付いてしまった擦れ汚れも綺麗に取り除く事が出来ました♪

お家でも「洗っても落ちない」そんな黒い汚れの殆どが今回の様な煤汚れですので、洗っても落ちないし漂白しても変わらない様な汚れの場合には是非ともお声掛けくださいませ♪

ではでは~

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。