お家での水洗いで取り除けない黒い汚れを取り除くのに擦ったりしてダメージを与えるのは出来るだけ避けましょう

黒い汚れは擦ったり致しますと生地に細かくなってしまった黒い汚れが入り込み非常に取れにくくなってしまう事もあります

はい、古いシミの様な黒い汚れの場合には洗ったり擦ったりしてしまいますと、水には溶けない状態で細かく砕けてしまい、その粒子が生地の繊維の中に入り込んでもっと取れにくくなってしまいます。

黄色い汚れは基本的には変化した色素がありますので漂白で取り除く必要が有ります。

この様に時間が経って変化したシミは中々取り除く事が難しくなってしまいます。

ですので、シミを触った場合には先に生地や色の方にダメージが発生してシミは取れないけど周りが白くなってしまったとか生地が破れたりしてしまう事になりかねません。

おはようございますオノウエです。

特に水洗い出来ないドライクリーニングオンリーの洗濯表示のあるお洋服には、水を使わない様にして注意をはらう必要がかなりあるんですね。

 

水洗いが出来ないお洋服お場合にはクリーニング屋さんの特殊部分染み抜きで汚れやシミがある場所だけをピンポイントで取り除けるコースを選びましょう

水洗いの出来ない洗濯表示のお洋服はお家でのメンテナンスが非常に厳しく、それでも水洗いを行う場合にはそれ相応のリスクがある事を覚悟して行わなければなりません。

そう致しますとお洋服が縮んでしまったりしてしまい、何とも出来ない状態になってしまう事もあります。

ウールの縮み修正が出来るクリーニング屋さんでなら、勿論ある程度までならウールに状態によっては修正は可能です。

しかし、ウールが固くなり引っ張っても伸縮性がない意場合には、もうウールがフェルトの様に固くなっておりますので修復はまず不可能になります。

洗濯表示で水洗いの出来ない表示のお洋服には十分お気を付け下さいませ。

今回のニットのお洋服は縮みも無く黒い粒子も残る事もなく綺麗に取り除く事が出来ました。

既に応急処置等や他のクリーニング屋さんでの処理が行われておりますと中々取れない頑固なシミに変化してしまっている事も多いです。

出来れば特殊染み抜きの出来る特殊機械と特殊技術のあるクリーニング屋さんを選びましょう。

と言う訳で、お家では取れそうにない様な汚れやシミの場合には是非ともお声掛け下さいね♪

ではでは~。

「お家でもクリーニング屋さんでも取れなかったしみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。