実はお洋服に水性インクが付いた場合には油性インクに比べて色が定着しやすく落ちにくいのです

油性のマジックやボールペンの方が落ちにくいイメージで水性は水で落ちそうなイメージなので水で洗えば取れると思われがちです

はい、お洋服にインクが付いてしまったという染み抜きはお預かりする染み抜きの中でも一番多い種類の染み抜きなのです。

その中でも特に落ちにくい状態のインクの染みとしては、既に応急処置をして取り切れなかったシミやクリーニング屋さんでの染み抜きで落ちなかった様なインクのシミです。

取り切れなかったという事はシミや生地には既にダメージが発生している状態であり、尚且つ繊維の奥深くまで残ってしまったシミが浸透している状態です。

しかしながら、落ちにくいと言っても殆どの場合がその状態でお持ち頂く事が多いので取り除いたビフォー&アフターの事例は山ほどあります♪

おはようございますオノウエです。

例えどの様な状態で染み抜きをお預かりしても先ず行う事は同じです。

最初の洗う段階から再びやり直しを行う事によって、生地の油膜や既に使用された洗剤やシミ抜き剤をリセットするところから順番に対応して取り除く形になるんですね~。

 

インクの種類である油性や水性と言うのは落とす時に油や水を使えば取れるという意味ではありません

インクに限らずペンキもそうなのですが、製造の段階で水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性です。

水性は水を使って薄めて作られるので、水性ペンキ等は液体の状態であれば水で薄める事が出来るから水性なんですね。

両方共に乾いてしまいますと同じ様に取れにくくなります。

油性のインクより水性のインクの方がインクに水性って書いているので水で落ちると思われがちですがそれは大きな勘違いなのです。

因みにお洋服に付いてしまった場合には水性の方が圧倒的に取れにくいのです。

油性のインクなら油性の染み抜き剤等の油性由来の薬品を使用すれば殆ど取り除く事が出来るのですが、水性のインクの場合には水も混じっておりますので同じ油性を取り除く薬品を使ってもそれだけでは完全には取り除く事が出来ないのです。

なので水性インクの方が落ちにくいと言う事なんですね。
特にその上に顔料や染料を混合したインクですともっと取れにくくなってきます。

ですが!
何もせずに持って来て頂いた場合には取り除ける確率はかなり上がります!!

ですので、もしもお洋服にインクが付いてしまった時には出来るだけ早めに何もせずにお持ちくださいね♪

 

【全国宅配対応のインクの染み抜きご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。