夏物衣料の時間が経って黄色くなってしまった黄ばみは取りきれてないシミが変化したシミです

食べこぼしのタンパク質等が変化する事によって黄色くなってきておりますので早急に取り除く事をオススメ致します

はい、そろそろ白色のお洋服が映える気候になってきましたね。

そんな時に気になるのがほんの少しですが見えやすい前身ごろや袖に浮き出て来ている保管中に発生したと思われる黄色いシミです。

夏物衣料に多いと思われる黄ばみですが、淡色系のお洋服を着用する事が多い季節なのでただ単に目立つという事なんです。

特に白い生地に付いている場合に目立ってしまうし、見つけてしまった時にはもう気になってしまいしようがないですよね。

おはようございますオノウエです。

夏物衣料の黄色いシミは時間が経ってから黄色く浮き出てきた黄ばみが多く、殆どのご依頼が今回の事例の様なお家では落とせない系の黄色いシミなんですね~。

 

何故黄色くなってしまったお洋服の生地や黄ばみのシミはお家でのお洗濯や染み抜きでは取りにくいのでしょう

黄色くなった生地の黄ばみの殆どの場合が水溶性のシミですが、食べこぼしのタンパク質等が変化する事によって黄色くなってきております。

基本的に色(色素)は漂白作用を使った染み抜きを行わないと取れない事が殆どなのですが、使用する漂白剤によっては変色する可能性もありますのでお家での対応はちと難しいのです。

生地に付いてしまっている黄ばみは食べこぼしのタンパク質が現在進行形で空気と反応して変化する酸化作用が起こっており更に状況を進行させてしまっています。

ですので早めの対策を行った方が良いんですね。

今回お預かりの白い生地のお洋服に出来てしまった黄ばみも綺麗に取り除く事が出来ました。

お家でもクリーニング屋さんでも取り切れなかった汚れやシミは取り切れない状態のままにせずに染み抜きの出来るクリーニング屋さんでシッカリと対応して頂きましょう♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す