フェイクレザーのベルトは時間の経過によりネトネトのボロボロになってアチコチに付いたり致します

フェイクレザーとは合成皮革と言います人工的に科学的材質で作られた作り物の革の事です

はい、ご存じの方も多いと思いますが人工的に作られたフェイクレザーは、本革ではありませんが本物の革よりも重量は軽く見た目には見わけも付かないぐらい精巧なんですね。

価格も比較的に安価な物が多く動物から取る必要もありませんので好んで使う方もおられます。

ただ、製造されてから時間が経つと必ず劣化するのも特徴です。

性能や価格にもよりますが2年から5年でシーズンが終わりましたら買い替える事を前提としたような使い方をされる方もおられるようです。

おはようございますオノウエです。

今回の事例はそのフェイクレザーで作られたベルトが劣化の為に溶けてしまいシャツについてしまったという事例です。

因みにフェイクレザーに使用されてる合成皮革はポリウレタンと言いまして、張り合わせ生地の接着にも接着剤として使用されておりますので今回の様に劣化すると溶けて滲み出してしまう事があるんですね~。

 

フェイクレザー(合成皮革)の製品はネトネトのボロボロになってしまったら既に寿命ですので弊害に要注意です

フェイクレザー用のポリウレタンは人工的に作られた気泡の入ったゴムの様な素材ですので比較的に重量も軽く柔軟性も高いんですね。

時間が経つと劣化によりベトツキが発生してペンキの様な汚れがアチコチに付いたり致しますが付いて直ぐならお家でもガムテープ等の粘着である程度は取り除く事も可能です。

ですがフェイクレザー(合成皮革)製品に直接ガムテープを押し付けると劣化した合成皮革部分がごっそりとガムテープ等の粘着で剥げ落ちる事がありますのでお気を付け下さいませ。

合成皮革の場合はお洋服のクリーニング表示タグに「合成皮革」と記入があります。

10年もつお品物もありますが基本的には作られてから2年から5年で劣化の兆しが出てきます。

購入する際には心しておかないと、製造されてから寿命はカウントダウンされておりますので購入直後でも劣化してくる事があり得ます。

例えばパイピング等の部分的な部位でしたら高額にはなりますが、合成皮革から本物の革に交換する事や別の素材にリフォームで変える事も可能です。

リフォームを行いますとその時点でその商品の価値はオリジナルではなくなりますのでお気を付けて下さいね。

ではでは~。

「剥がれてしまったパイピングを合成皮革から本革にリフォームする場合のお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。