クローゼットの中のお洋服を確認してみますとオレンジ色の古いシミが点々と出てきているのを見た事はありませんか

保管しているお洋服を確認してみたら部分的にシミが浮き出て来ている場合には気が付いた段階で早めの染み抜きを行いましょう

はい、赤や黄色や茶色のシミが保管中に浮き出て来ている状態は、お洗濯やクリーニングで取り切れなかったタンパク質の汚れや錆び等の場合である事が多いです。

特にクローゼット内の環境は外気との温度差で湿度も高くなり湿気が発生しやすくカビなどの活動も促進されやすいので、ホームセンター等で購入出来る湿気取り等を使ってクローゼット内の環境をコントロールする必要があります。

以前には、その湿気取りの中に溜まった水をお洋服に溢してしまい、お洋服にシミが出来たので染み抜きをして欲しいとのご依頼をお受けした事もあります。

湿気取りに溜る水はアルカリ性の高濃度塩化カルシウム水溶液です。
塩化カルシウムは冬になりますとよく道路の凍結防止に道路脇に袋に入って置かれて使われているアレですね。

高濃度塩化カルシウム水溶液は、特に皮革製品に付いてしまいますと大ダメージを受けてしまいますので取り扱いには十分に注意致しましょう。

おはようございますオノウエです。
長期間にお洋服を保管する場合には変化が起きない様に出来るだけ色んな事に注意したいですね。

 

普通に洗ってもクリーニングしてもそれだけでは落ちないシミは部分的に漂白や染み抜き薬品を使用しないと取れない場合があります

長い時間を掛けて出てきたシミですので簡単には落ちないシミに変化している事が多く、その場合には酸素系の漂白などをシミに部分のみにピンポイントで染み抜きを行ってシミを取り除きます。

何故部分的にピンポイントで染み抜きを行うのかと言いますと、問題の無い生地の部分にまで生地を漂白する負担を掛けない為なのです。

今回はブルーの生地の部分ではなくギリギリ白い生地の部分でしたので、色抜けの心配はありませんが色柄物のお洋服の生地の場合にはシミの効果によってシミの下にある色素(色)が傷んでおりますと漂白時に色が変化してしまう事があります。

そうなってしまいますと変化した色を補正して元の状態に戻す作業が必要になってきます。

その時に範囲が大きいとそれだけ大変になりますので染み抜きを行い生地に与えるダメージは最小限に留める必要があるんですね。

もちろん早めに染み抜きを行えばそれだけリスクは低くなってきますので、シミが浮き出て来ている場合には気が付いた段階で早めの染み抜きが必要になるのです。

と言う訳で、気になる場合にはクローゼットの中身やタンスや押し入れの中身の整理をしてみましょう。

早めに部分シミ抜きを行えばその分綺麗になりますからね♪

ではでは~。

遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。