ワイシャツを普段から着用される方で気になる汚れの代表は白いワイシャツの袖口や襟元の黒ずみです

※左袖、黒ずんでいる状態。
右袖、黒ずみを取り除いた状態

ワイシャツの袖口や襟が黒く汚れていませんか?それ何とかなるかも知れません

はい、ワイシャツをお仕事で普段から着用される方で気になる汚れの代表部分はやはり白いワイシャツのどで愚痴や襟元の黒ずみです。

毎日着るワイシャツだからこそ気になる汚れや襟元の黒ずみはシッカリととっておきたいのですが、一度黒ずんでしまうとお家ではのお洗濯では繊維の奥まで入り込んでしまった黒ずみはご存知かと思いますが中々落ちにくいです。

クリーニング屋さんにシミ抜きでお願いした場合でも「これ以上は無理でした」のお知らせが付いて殆ど変わらず返ってきたと言うお声もお伺い致します。

実は、黒ずみ汚れの場合には全体的に洗ってどうこうなる汚れではなく、部分的に薬品でシミを浮かせた後に物理的な力を加えて取り除かないとプロでも中々取れませんのでひと手間掛かるのです。

おはようございますオノウエです。
と言う事で、気になる黒ずみ汚れのシミ抜きは信頼の出来る友達がオススメしてくれる実績のあるクリーニング屋さんに頼みましょう♪

 

※左半分、黒ずんでいる状態。
右半分、黒ずみを取り除いた状態

袖口や襟元が黒く見えるのはスレにより出来た生地のダメージの隙間に空気中のススが浸透して生地に入り込んでいるからなんです

ワイシャツの袖口の端っこ部分や襟元のちょうど折り目の部分が端から端まで少し黒く見える場合があります。

実はソレ、表生地が着用中に擦れてしまい生地が傷んでしまった所に、空気中に漂っているタイヤのゴムのカスであるスス等が皮脂の脂を接着剤代わりにしてお洋服にくっ付いてしまっているからなんですね。

特に襟元や袖口などの擦れが起きる部分によく起こります。

そして襟元は黒ずんでしまいますと中々取り切れない場合があります。

生地が擦れによりダメージを受けて生地がささくれている部分に、ミクロのカーボンの粒子であるスス汚れが繊維の隙間に入り込んでしまい簡単には取れなくなってしまっているからなんです。

もちろん部分的に黒ずみをしみ抜きで取る事も可能ですが、それでも気になる場合には襟を丸ごとリフォームして交換してしまうか、買い替え時と考えて新しいワイシャツを購入するかご検討する事も可能です。

もしもシミ抜きやリフォームのご相談があればコチラからお願い致しまーす♪

「袖口や襟の黒ずみ汚れが取れない時のメールでのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。