ネクタイはクリーニングしても綺麗にならないしシミも取れないと思っていませんか?

シルクのネクタイは本体自体がタンパク質で出来ておりますので食べこぼしの汚れをそのままにすると酸素に触れる事によりシミが生地ごと劣化してしまいます

はい、ネクタイですが今では定番のシルク以外にもウールや植物系の綿や麻等もあり、お家でも洗う事が可能なポリエステルもあります。

おしゃれなネクタイとしては綿麻のニットタイならこれからの季節でも活躍致しますよね。

ネクタイは特に食事など頂く時には外していない場合には真っ先に食べこぼしのシミが付いたり致しますのでお直しの際には気にしてチェックを行わないとシミが付いたまま仕舞ってしまう事もあります。

そして、クリーニング屋さんではシルクのネクタイは基本的にドライクリーニング致します。

ドライクリーニングはお洋服に付いた油汚れが接着剤の代わりをしてしまい汚れやホコリを付着させてしまっている状態の原因である油汚れを取り除きキレイにする洗浄方法ですが、食べこぼし等のシミの場合には付着物が水溶性の性質を持っておりますのでドライクリーニングでは取り除けません。

ただ見た目には油分が抜けて白く見えますので飛び散って気が付かなかったシミは発見する事が出来ます。

おはようございますオノウエです。
そこで諦めないでしみ抜きをしておかないと後から生地を傷めてしまう原因になってしまうんですね。

 

ドライクリーニングすると油のグリース効果(油分が光を乱反射させる事により白く見えない事)が無くなった事により今まで見えなかった水溶性のシミが白く浮き出てきて見えます

よくドライクリーニングしたら白っぽいシミが付いてきたといった事の経験はありませんでしょうか?

小さな食べこぼしや油のシミはグリース効果(油分が光を乱反射させる事により白く見えない事)により、実は非常に人間の目には見えにくい状態になっているんですね。

生地に油が浸み込むと黒く見えるのと同じ状態です。

しかし、ドライクリーニングする事によって油が抜けてしまい、油のグリース効果(油分が光を乱反射させる事により白く見えない事)が無くなった事により今まで見えなかった水溶性のシミが白く浮き出てきて見えます。

これが、ドライクリーニングをした後に白っぽいシミが付いてきたというシミの正体なんです。

実は最初から生地に付いていたシミが、油が抜ける事によって目に見えて見える様になったのが白いシミの正体なんですね。

その白いシミは油分の抜けたタンパク質ですから水溶性のしみ抜きをしなければ取れないと言う事なんです。

 

今回のシミも油性と水性の部分しみ抜き処理で落とす事が出来ました♪
シミや汚れが気になりましたら染み抜きの出来るクリーニング屋さんに是非ご相談下さいね。

ではでは~。

〇遠方のネクタイシミ抜きのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
【気になるお気に入りのネクタイの染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。