ドライクリーニングを行った時に白く浮き出てきた汚れは食べこぼしの汚れですので取り除くには水を使用します

クリーニング後や保管中に白く浮き出てきたシミは食べこぼし等のタンパク質が取りきれずに変化したものである可能性が高いです

はい、ネクタイは首から下の丁度身体の中心に位置しておりますので、非常に食べこぼし等の汚れが付きやすい場所にあります。

透明の飲み物や食べ物の汁等は付いた時には目に見えませんが、乾いて熱が掛かると白く浮き出て見える事があります。

その状態はドライクリーニングを行った時にも現れやすいのです。

クリーニング屋さんでしか出来ないドライクリーニングは水を一切使わないクリーニングです。

洗浄後には温度をかけて溶剤を乾かすので、その時に水分は無くなり食べこぼし等の汚れやシミは白く見えるのです。

おはようございますオノウエです。

その白いシミはドライクリーニングの様な油性の溶剤では取り除けないので、その後には水による処理が必要になるんですね。

 

タンパク質の食べこぼし汚れは酸素と反応して変化してしまう事で見た目には変色などの状態で現れます

水を使わないとシミが取れないと言っても生地によっては、水分や擦れには弱く繊維の糸が白っぽく毛羽立ったり致します。

ただし、水はドライクリーニングに使う溶剤よりもお洋服の生地や繊維に与えるダメージは大きいですので注意は必要です。

もしもネクタイを着用している時に食べ物のソースや飲み物がネクタイに付いてしまった場合には先ずはご相談くださいませ。

出来れば早めのクリーニング&シミ抜きでメンテナンス致しましょう!

今回のネクタイに浮き出てきた白いシミも綺麗に取り除く事が出来ました。

シミ抜きの事でしたら是非ともお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

【気になるお気に入りのお洋服の染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。