綿ジャケットの襟の黄ばみが気になる場合はクリーニング屋さんのシミ抜きでスッキリ致しましょう


※半分手前はキバミ処理前、半分向こうはキバミ処理後

お気に入りのジャケットだから襟元の黄ばみはシッカリととっておきたい

はい、どんなお洋服でも一番汚れが気になる場所である襟元ですが、特に淡色系のお洋服の場合には汚れてしまったり変色致しますとかなり目立ってしまいます。

黒い汚れの成分は殆どがスス(カーボン)ですので物理的に取り除くのが効果的です。

黄色い汚れは殆どの場合が汗等の成分が変化した黄ばみですで水溶性の汚れ落とし処理や黄色の色素を取り除く酸素系漂白が有効です。

おはようございますオノウエです。
それぞれの汚れやシミの特性によって洗い方やしみ抜きを使い分ければスムーズに落とす事が出来るんですね♪

 

お家では難しいですがクリーニング店ではシッカリと油性のシミ抜きと水溶性のシミ抜きと酸素系の漂白をすればそれだけでもかなり変わると思います。

と言う事でシミ抜きは信頼の出来る友達のオススメの実績のあるクリーニング屋さんに頼みましょう!
そんなクリーニング屋さんがお近くに無い場合のシミ抜きのご相談はコチラからお願い致しまーす♪

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。