もしもお洋服にペンキが付いてしまって慌ててゴシゴシと拭き取ったり洗濯したり漂白したりしてもまだ取れるかも知れませんよ

お洋服に付いてしまったペンキやアクリル絵の具などの塗料は色々と触ってしまい取れないと諦める前に是非ともご連絡くださいませ

はい、ほとんどの人の場合にはお洋服にペンキが付いてしまった時にはハンカチやティッシュでゴシゴシとしたり、お家に帰ってからネットで調べて塗料を取ろうとして何かしらのアクションをお洋服に対して起こしている場合が多いです。

そして大体の場合には冒頭の画像の様にペンキのシミが薄くはなったけど完全には取り切れない状態となります。

この状態はもう塗料が生地に浸透してしまい固まってしまっている状態です。
1度固まってしまいますとお洋服に付いてしまったペンキは中々落とす事が出来ません。

ムリに取ろうとしてしまいますと生地を傷めてしまったり、付いてしまった生地によってはもっと現状よりも取れにくくなってしまいます。

おはようございますオノウエです。
お品物を実際に拝見させて頂かないと分からない事もありますが、ほとんどの場合には現状よりペンキのシミは落とす事が可能ですのでご相談下さいね♪

 

もしも応急処置やお家でのしみ抜きに失敗してしまってもお気に入りの一着でしたら捨ててしまう前にご一報を!

実際にペンキやアクリル絵の具やシリコンコーキング剤やマニキュア等がお洋服に付いてしまった場合には捨てられてしまう事が多くあります。

ですがその大半の場合にはしみ抜きを施せばまた着用出来るレベルにまでお洋服を綺麗に出来る事があるんですね。

よくご依頼頂きますのは法人様ですと建築現場でのペンキやコーキング剤の付着や、美容室の髪染め時に付いてしまった毛染め等のしみ抜きもお受け致します。

それ以外にもネイルサロンさんのマニキュアや歯医者さんで使用する樹脂や白衣に付いてしまったペンのインク等もよくあるしみ抜きです。

制服や白衣ですとレンタルや支給品ですのでどうしてもシミを取り除かないといけない場合もありますからその時にはお声かけくださいませ♪

今回の既に色々と触ってしまったペンキのシミも綺麗に取り除く事が出来ました♪
という訳でご相談はこちらまでよろしくお願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。